コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オテロ オテロ Otello

7件 の用語解説(オテロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オテロ
オテロ
Otello

ベルディ晩年のオペラ。 1887年ミラノ初演。シェークスピアの四大悲劇の一つ『オセロ』を底本にしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オテロ(Otello)

ベルディ作曲のオペラ。4幕。1887年ミラノで初演。シェークスピアの戯曲「オセロ」に基づく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オテロ

ベルディの4幕のオペラ。1884年−1886年に作曲され,1887年ミラノのスカラ座で初演。シェークスピアの悲劇《オセロー》をオペラ《メフィストーフェレ》(1868年)で知られるイタリアの作曲家A.ボーイト〔1842-1918〕が台本化。
→関連項目デル・モナコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

オテロ

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのイタリア語による全4幕のオペラ(1887)。原題《Otello》。シェークスピアの戯曲『オセロ』を題材とする。ほかにロッシーニ作曲の同名のオペラ作品がある。

オテロ

アメリカの舞踊家・振付家ジョン・ノイマイヤーによるバレエ(1985)。原題《Otello》。初演はハンブルク・バレエ団。音楽はアルヴォ・ペルト、アルフレート・シュニトケなどを使用。シェークスピアの同名の戯曲に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オテロ【Otello】

シェークスピアの悲劇《オセロー》に基づいて作曲されたオペラ。イタリア語の台本による。(1)ロッシーニベリオ伯の台本に作曲,1816年12月4日ナポリのフォンド劇場で初演した3幕のオペラ。全曲を通じて舞台はベネチアで進行,シェークスピアやベルディの作品にみられるキプロスハンカチーフの場面は現れない。喜歌劇にすぐれた作品を多く残したロッシーニの,シリアスな面を代表する傑作として音楽的にも高い評価を受け,一時期愛好されたが,ベルディの作品が現れるに及んで,その地位を譲った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オテロ【Otello】

ベルディ作曲のオペラ。四幕。1887年初演。シェークスピアの悲劇「オセロ」に基づく。「柳の歌」「アベ=マリア」「私を恐れる者はない」などが有名。
ロッシーニ作曲のオペラ。三幕。1816年初演。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オテロの関連キーワードイヤゴーオフェーリアオセロ塔シェイクスピア・カントリーパークシェークスピアの生家シェークスピアの四大悲劇四大悲劇(シェークスピアの四大悲劇)ローヤル・シェークスピア劇団《シェークスピアの悲劇》ローヤル・シェークスピア劇場

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オテロの関連情報