オテロ(英語表記)Otello

百科事典マイペディアの解説

オテロ

ベルディの4幕のオペラ。1884年−1886年に作曲され,1887年ミラノのスカラ座で初演。シェークスピアの悲劇《オセロー》をオペラ《メフィストーフェレ》(1868年)で知られるイタリアの作曲家A.ボーイト〔1842-1918〕が台本化。同じくボーイトの台本による《ファルスタッフ》と並ぶベルディ晩年の傑作で,悲劇オペラの最高峰とされている。ロッシーニにも同名のオペラ(1816年)がある。→ポンキエリ
→関連項目デル・モナコ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

オテロ

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのイタリア語による全4幕のオペラ(1887)。原題《Otello》。シェークスピアの戯曲『オセロ』を題材とする。ほかにロッシーニ作曲の同名のオペラ作品がある。

オテロ

アメリカの舞踊家・振付家ジョン・ノイマイヤーによるバレエ(1985)。原題《Otello》。初演はハンブルク・バレエ団。音楽はアルヴォ・ペルト、アルフレート・シュニトケなどを使用。シェークスピアの同名の戯曲に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オテロ【Otello】

シェークスピアの悲劇《オセロー》に基づいて作曲されたオペラ。イタリア語の台本による。(1)ロッシーニがベリオ伯の台本に作曲,1816年12月4日ナポリのフォンド劇場で初演した3幕のオペラ。全曲を通じて舞台はベネチアで進行,シェークスピアやベルディの作品にみられるキプロスやハンカチーフの場面は現れない。喜歌劇にすぐれた作品を多く残したロッシーニの,シリアスな面を代表する傑作として音楽的にも高い評価を受け,一時期愛好されたが,ベルディの作品が現れるに及んで,その地位を譲った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オテロ【Otello】

ベルディ作曲のオペラ。四幕。1887年初演。シェークスピアの悲劇「オセロ」に基づく。「柳の歌」「アベ=マリア」「私を恐れる者はない」などが有名。
ロッシーニ作曲のオペラ。三幕。1816年初演。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オテロ

(Otello) シェークスピア作の戯曲「オセロ」によるオペラ。四幕。ベルディ作曲。ボイート作詞。一八八七年ミラノで初演。ほかに、ロッシーニ作曲の同名のオペラがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オテロの関連情報