コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトク otok

世界大百科事典 第2版の解説

オトク【otok】

モンゴルの社会集団の名称。内外モンゴルのほか,ジュンガル,ブリヤートにも見られた。オトクは,文献上は15世紀ころから現れ,しだいにモンゴル社会の基本集団になり,16世紀前後には,いわゆる万戸(トゥメン)を構成する主要な単位となった。オトクは,氏族,部族,その他に由来する種々の名称を持っていたが,血縁集団ではなく,地縁集団であった。内外モンゴルにおけるオトクは,清朝の支配が及ぶにつれ,旗(ホシュン)に再編成され,特殊なものを除いて消滅した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オトクの関連キーワードホーチット(浩斉特)部バリン(巴林)部

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オトクの関連情報