コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガアゲハ Papilio macilentus

世界大百科事典 第2版の解説

オナガアゲハ【Papilio macilentus】

鱗翅目アゲハチョウ科の昆虫(イラスト)。日本全国に産するが,北海道の寒冷地と九州最南部ではまれである。個体数は多くはないがとくに珍しいアゲハでもない。おもに低山帯に産するがときに市街地にも見られる。クロアゲハに似ているが翅はずっと細長く,開張も9~11cmと1cmほど小さい。飛び方は緩やか。年2回,5~6月と7~8月に発生し,ツツジクサギなどの花に集まる。夏型はやや大きく,雄は湿地で吸水することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガアゲハ
おながあげは / 尾長揚羽
[学]Papilio macilentus

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道から九州に広く分布するが、日本の西南部では山地に産し、平地では少ない。外国では朝鮮半島、中国に産し、アジア東部の特産種。はねの開張は100~120ミリメートル程度、色彩や斑紋(はんもん)はクロアゲハに似ているが、前ばね、後ろばねはともに細く、とくに後ろばねの尾状突起が長い。普通、年2回の発生で、第1化の春型は4~6月、第2化の夏型は7~8月に出現するが、暖地では9~10月に第3化と推定される個体のみられることがある。アゲハ属Papilioのチョウとしては飛び方は緩やかで、山間の渓畔に多い。食草は各種のミカン科植物、とくにコクサギを好む。越冬態は蛹(さなぎ)である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オナガアゲハの関連キーワードジャコウアゲハ白水ばね

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android