コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オノヨーコ オノヨウコ

デジタル大辞泉の解説

おの‐ようこ〔をのヤウこ〕【オノ・ヨーコ】

[1933~ ]美術家音楽家。本名ヨーコ=オノ=レノン(Yoko Ono Lennon)、日本名は小野洋子。昭和35年(1960)ごろからニューヨークで前衛芸術家として活動を開始。昭和44年(1969)ジョン=レノンと結婚、楽曲の共作などを行った。国際的な平和運動家としても知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オノ・ヨーコ

音楽家,美術家。旧名小野洋子。東京都生れ。学習院大学哲学科中退。1952年アメリカへ渡り,1955年サラ・ローレンス・カレッジ卒業。1956年に作曲家一柳慧(いちやなぎ・とし)と結婚,J.ケージらとともにハプニングパフォーマンス)などの前衛芸術運動に参加,美術を中心に多彩な活動を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オノ・ヨーコ
おのよーこ
(1933― )

コンセプチュアル・アーティスト。東京生まれ。本名小野洋子。銀行家だった父の仕事の事情で幼少より日本とアメリカに住む。学習院大学で哲学、ニューヨークのサラ・ローレンス・カレッジで芸術を学ぶ。
 1956年(昭和31)から最初の夫で作曲家の一柳慧(いちやなぎとし)とニューヨークに住み、60年からチャンバー・ストリートのロフトを借りて、音楽家ラ・モンテ・ヤングLa Monte Young(1935― )とともにパフォーマンス・イベントを企画し、一柳とともに出演する。それを通してフルクサスの主唱者ジョージ・マチューナスGeorge Maciunas(1931―78)と出会い、彼のすすめで、61年にAGギャラリー(ニューヨーク)で「インストラクション・ペインティング」の展示を行う。それは、「キャンバスに毎日水をやる。1楽章:芽をだすまで……」といった具合に短い詩のような「指示」がキャンバスの上に書かれた作品で、観客はそれをもとに可能な「絵画」を想像するよう促された。そこでは「絵画」は完成した形態ではなく可能性として定義しなおされ、作り手はアーティストから観客に変換されていた。「コンセプチュアル・アート」という言葉が提唱される以前から、オノは、固定された作品ではなく、言葉や小さな日常的行為によって触発される想像の力や、人間同士の関係性を重視していた。そこには、ジョン・ケージの思想とともに禅の公案の影響も深く表れていた。
 パフォーマンス、イベント、インストラクション、彫刻、フィルム、ビデオ、公共広告を利用したパブリック・メッセージといった媒体すべてにおいて先鋭的な表現を行ったが、64年から67年にかけては特に重要な作品が多い。
 64年には『グレープフルーツ』Grapefruitを自費出版(後に『グレープフルーツ・ジュース』Grapefruit Juiceとして改訂)。同年7月20日正装してすわる彼女の服から観客が一鋏(はさみ)ずつ布を切り取っていくパフォーマンス「カット・ピース」が京都の山一ホールで初演され、翌21日京都・南禅寺での「夕べから夜明けまで」というイベントでは、「触る」と書かれた紙を渡された観客が、互いに触れたり月を見たりして瞑想的な時間を過ごした。
 66年にはニューヨークの彼女のロフトの家具を取り払い、すべてを白く塗った空間を訪れた人々が床や天井などに貼られた小さな文字のインストラクション(「この部屋は鮮やかな青だ」など)を見てもう一つの現実を想像する「ブルールーム・イベント」が開かれた。それは、同年ロンドンのインディカ・ギャラリーで展示された、はしごの上の板に書かれた「Yes」という文字を虫めがねで読む『天井ペインティング』につながっていった。66年にはオノはほかにも、ガラス窓の上にプレクシグラス(透明な合成樹脂)を設置して夕方の光を見る『夕焼けを通過させる絵画』や、生のリンゴをプレクシグラスに置いて会期中その腐敗と消滅を見届けた『リンゴ』のように、時間の変化や光、生の過程といった普段気がつかない変化が「彫刻」の素材として使われる作品を発表した。
 映像でも、66年には、知人の尻だけを1人1フレームで撮影した『No. 4』、当時新しかったビデオカメラで空をとってテレビに映像を送った『Sky TV 』といったウォーホル、マイケル・スノーMichael Snow(1929― )、ナム・ジュン・パイクの影響を受けた実験的な作品を制作した。一方、路上で会った女性に向けたカメラの執拗な追跡が彼女をパニックに陥れる69年の『レイプ』や、女性の裸の体の上を動くハエの軌跡を追った70年の『ハエ』など、フェミニズム的メッセージを含んだフィルムも制作した。
 3人目の夫ジョン・レノンとともに69年「戦争は終った、もし君が望むなら」と書かれた15の掲示板を世界の12都市に設置し、同じメッセージをポスター、飛行機による煙文字、新聞広告として発表。反戦を訴えたこの2人の行為は、介入型パブリック・アートの最も早い形の一つとも考えられる。71年にシラキュースのエバーソン美術館で回顧展。90年代オノの先見性の再評価がさまざまな分野で進み、2001年にはニューヨークでジャパン・ソサエティ回顧展「Yes; Yoko Ono」が開催された。[松井みどり]
『『グレープフルーツ・ジュース』(講談社文庫) ▽Bruce Althtshuler et al. Yes; Yoko Ono (2000, Harry N. Abrams, New York) 』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

オノ・ヨーコ

生年月日:1933年2月18日
昭和時代;平成時代の音楽家;前衛芸術家

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

オノヨーコの関連キーワードDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴヤング(La Monte Young)ジョン・ウィリアム スティーブンスあらきゆうこ(MIスターティング・オーバージョンとヨーコのバラードアーニー リーボビッツマイケル ブレッカーフェミニズム・アート十和田市現代美術館ジュリアン レノンシーナ&ロケッツショーン レノンボディ・アートシェールガス生年月日バービー藤井九華ウーマン刀根康尚

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オノヨーコの関連情報