コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オハプ オハプ Ochab, Edward

2件 の用語解説(オハプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オハプ
オハプ
Ochab, Edward

[生]1906.8.16. クラクフ
[没]1989.5.3. ワルシャワ
ポーランドの政治家。 1929年ポーランド共産党入党。 1939年ソビエト連邦に亡命,第2次世界大戦中はソ連でポーランド愛国者同盟に参加。戦後帰国,1950年ポーランド統一労働者党中央委員会書記,1954年党政治局員となり,1956年3月ボレスワフ・ビエルートの死去に伴い党第1書記に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オハプ
おはぷ
Edward Ochab
(1906―1989)

ポーランドの政治家。クラクフ生まれ。1929年にポーランド共産党に入党、労働者のストライキを組織し繰り返し投獄される。第二次世界大戦中はソ連に逃れ、共産党系の抵抗組織「ポーランド愛国者同盟」の設立に関与し、「コシチューシコ師団」の政治将校を務めた。戦後、ポーランド労働者党中央委員会書記局に入り、統一労働者党結成に重要な役割を果たした。その後、国防次官、党中央委員会書記などを歴任し、1954年政治局員となる。1956年3月ビエルトの急死により党第一書記に就任、政治犯の釈放など非スターリン化に踏み出したが6月にポズナニ暴動が発生、10月に党第一書記の地位をゴムウカ(ゴムルカ)に譲った。1964年には国家評議会議長(元首)に就任するが、1968年、「三月事件」を機に辞任、政治生活から退いた。[安部一郎・小山 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オハプの関連キーワードふくふくクラクフ門クラクラクラクフ学院クラクフ共和国《クラクフ市民と山人たち》クラクフ聖母教会クラクフ蜂起ゴクラクフウキンチョウミコワイ(クラクフの)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オハプの関連情報