コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オハプ オハプOchab, Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オハプ
Ochab, Edward

[生]1906.8.16. クラクフ
[没]1989.5.3. ワルシャワ
ポーランドの政治家。 1929年ポーランド共産党入党。 1939年ソビエト連邦に亡命,第2次世界大戦中はソ連でポーランド愛国者同盟に参加。戦後帰国,1950年ポーランド統一労働者党中央委員会書記,1954年党政治局員となり,1956年3月ボレスワフ・ビエルートの死去に伴い党第1書記に就任。当初スターリン主義者とみなされたが,しだいに改革派に接近,ポズナン暴動の際にも柔軟に対応した。同 1956年 10月地位をウワディスワフ・ゴムウカに譲り,1957~59年農業大臣,1961~64年国家評議会議長代理,1964年以降同議長に就任したが,1968年3月の学生デモ事件の責任を問われ,健康上の理由で辞職。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オハプ
おはぷ
Edward Ochab
(1906―1989)

ポーランドの政治家。クラクフ生まれ。1929年にポーランド共産党に入党、労働者のストライキを組織し繰り返し投獄される。第二次世界大戦中はソ連に逃れ、共産党系の抵抗組織「ポーランド愛国者同盟」の設立に関与し、「コシチューシコ師団」の政治将校を務めた。戦後、ポーランド労働者党中央委員会書記局に入り、統一労働者党結成に重要な役割を果たした。その後、国防次官、党中央委員会書記などを歴任し、1954年政治局員となる。1956年3月ビエルトの急死により党第一書記に就任、政治犯の釈放など非スターリン化に踏み出したが6月にポズナニ暴動が発生、10月に党第一書記の地位をゴムウカ(ゴムルカ)に譲った。1964年には国家評議会議長(元首)に就任するが、1968年、「三月事件」を機に辞任、政治生活から退いた。[安部一郎・小山 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オハプの関連キーワード児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門セザンヌのアトリエ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オハプの関連情報