オムロン(株)(読み)おむろん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オムロン(株)
おむろん

制御機器の有力メーカー。1933年(昭和8)立石一真(たていしかずま)(1900―1991)が創立した日本初のリレー(継電器)専門工場、立石電機製作所が前身。おもに誘導保護リレーを生産していたが、1941年にマイクロスイッチを開発。第二次世界大戦後1948年(昭和23)に社名を立石電機とする株式会社に改組、1952年からオートメーション機器の生産に着手、1963年の自動券売機をはじめ、電子交通信号機、自動改札装置、現金自動預金支払機などを相次いで発売、電卓、光半導体分野にも進出した。経営面でも1955年に工場別に独立会社化するプロデューサーシステムを創案するなど特異な展開を図り、1959年から商標OMRONを使用、1990年(平成2)社名をオムロンと変更。資本金641億円(2012)、売上高6195億円(2012。連結ベース)。国内に3工場がある。また健康医療機器・サービス事業にも進出しており、これらの事業は子会社のオムロン ヘルスケア株式会社が担当している。[中村清司]
『『創る育てる――立石電機55年のあゆみ』(1988・立石電機)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android