コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤマノエンドウ Oxytropis japonica Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

オヤマノエンドウ【Oxytropis japonica Maxim.】

本州中部地方の高山草原に生える高さ10cm前後のマメ科の半低木で,日本固有植物の一つである。葉は奇数羽状複葉で,9~15枚の小葉がある(イラスト)。小葉は狭卵形で長さ5~10mm,幅2~4mm,両面に軟毛がある。6~8月に紅紫色の蝶形花を1~2個,花茎先端につける。花は長さ約2cm,大型の旗弁基部白斑が目立ち,竜骨弁の先端はくちばし形に似た短い突起となる。豆果は狭卵形,長さ3~4cm,幅約7mm,先端はとがり,白色と黒褐色の短伏毛をやや密生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヤマノエンドウ
おやまのえんどう / 御山野豌豆
[学]Oxytropis nigrescens (Pall.) Fish. var. japonica (Maxim.) Hultn

マメ科の多年草で全体に白い絹毛を散生する。茎はよく分枝して地表をはい、先は斜上する。葉は7~15枚の小葉からなる奇数羽状複葉。多くは根際から出て、小葉は狭卵形、長さ0.5~1.2センチメートル。7~8月、花茎の先に紅紫色ないし青紫色で長さ3~4センチメートルの花を1、2個ずつつける。豆果は狭卵形で長さ3~4センチメートル。本州中部地方の高山に生える。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オヤマノエンドウの関連キーワード駒ヶ岳(木曽)高山植物

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android