コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリヅルラン

3件 の用語解説(オリヅルランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オリヅルラン

南アフリカ原産のユリ科の多年草。ふつう斑入(ふいり)品が観葉植物としてつり鉢植にされる。根出葉は長さ10〜30cm,幅6〜10mm。葉間から下垂させた匍匐(ほふく)枝に気根を生じ,そこに新しい株ができて繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オリヅルラン【Chlorophytum comosum (Thunb.) Jacq.】

南アフリカ原産のユリ科の多年草(イラスト)。和名は,葉の間から出る匍匐(ほふく)枝の先につく子株の葉の姿が,折鶴に似るところから名づけられた。オリヅルランはランという名がついても,ラン科の植物ではない。つり鉢として観賞上,人気がある。葉は細長く濃緑で,短い茎の株もとから四方へ20~40枚が広がる。小さな白い花が長い花茎の先につき,春から夏にかけて咲くが,目だたない。葉間から匍匐枝を出し,その先端部に新苗をつけ,気根をのばし,盛んに栄養繁殖をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリヅルラン
おりづるらん / 折鶴蘭
[学]Chlorophytum comosum Jacq.

ユリ科の多年草で、南アフリカに分布する。栽培が多いのは、葉縁に白斑(はくはん)の入る園芸品種cv. Variegatumで、一般には本種をオリヅルランとよんでいる。葉の中央に黄白色斑の入る品種cv. Vittatumは緑が多く、暗い感じがする。ランの仲間と間違えられやすいが、花の構造がまったく違い、ラン科の植物ではない。下垂するストロンに新株をつくるようすが折り鶴を想像させる。ストロンはほとんど出さないが、葉の幅が広く、中央に幅広く黄白色斑の入る品種cv.Picturatumもよく栽培される。シャムオリヅルランC. bichetii Backerは小形で葉質が薄く、寒さにも弱い。株分け、実生(みしょう)、新株の挿木で殖やす。5℃以上あれば越冬する。根は多肉質で乾燥に強い。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリヅルランの関連キーワードグラジオラスセントポーリアアガパンサスガザニアディモルフォセカラケナリアロケア千歳蘭南アフリカローズグラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone