コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルシュティン Olsztyn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルシュティン
Olsztyn

ポーランド北東部,ワルミンスコ・マズルスキェ県の県都。ドイツ語ではアレンシュタイン Allenstein。マズリ湖沼地帯の中部,ウィナ川沿いに位置する。 14世紀中頃ドイツ騎士団ワルミア (エルムラント) 司教区の城を建設して以来発展。 1466年ポーランド領になったが,1772年第1次ポーランド分割でプロシアに併合された。第2次世界大戦で町の 50%が破壊されたが,1945年ポーランドに復帰し,再建された。大きなタイヤ工場,食品工場があり,マズリ地方の鉄道の要地である。ゴシック様式の大聖堂,ワルミア司教座聖堂 (現マズリ地方博物館) などの歴史的遺跡が多く,文教都市。マズリ湖沼地帯への拠点で,観光地としても有名。人口 17万 3102 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルシュティン【Olsztyn】

ポーランド北部,マズーリ地方の同名県の県都。人口16万7000(1995)。ロシア連邦の飛地カリーニングラード付近でバルト海に注ぐウィナ川流域の低地にあり,多数の湖沼とモレーン丘陵に囲まれている。木材産地,農業地域内にある交通・工業の小中心地で,食品加工・家具・機械・化学工業がある。町の起源は古く,14世紀の教会は有名である。【山本 茂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オルシュティンの関連キーワードリズバルクワルミンスキタンネンベルクの戦い

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android