コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルチア渓谷 オルチアケイコク

2件 の用語解説(オルチア渓谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オルチア‐けいこく【オルチア渓谷】

Val d'Orcia》イタリア中部トスカーナ地方の丘陵地帯にある渓谷。14~15世紀に発展した都市国家シエナの農業用地として開発された。現在もオリーブブドウの畑・イトスギの並木などの田園風景が広がり、ピエンツァモンタルチーノなど五つの町や村は、中世の面影を色濃く残している。2004年、世界遺産文化遺産)に登録された。オルチャ渓谷バルドルチア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

オルチアけいこく【オルチア渓谷】

2004年に登録されたイタリアの世界遺産(文化遺産)で、トスカーナ州シエナ県に位置する。州を象徴するなだらかな丘陵が続く一帯に、ルネサンス期の町並みが点在し、ぶどう畑、オリーブ畑などの景観がピエトロ・ロレンツェッティ、ジョヴァンニ・ディ・パオロなど多くの芸術家に影響を与えた。渓谷一帯は「オルチア渓谷美術・自然・文化公園」にもなっており、すばらしい景観と多くのルネサンスの芸術家により伝播された注目に値する芸術の保存のために、世界遺産に登録された。また、この地域は「テヌータ・ディ・トリノーロ」や「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」という銘柄のワインの産地としても名高い。◇英名はVal d'Orcia

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルチア渓谷の関連キーワードヘンダーソン島ティヤソルテアボヤナ教会ルスト世界遺産登録シエナ歴史地区スー-ヌラージ-ディ-バルーミニドロミーティバムとその文化的景観

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone