オルチア渓谷(読み)オルチアケイコク

デジタル大辞泉の解説

Val d'Orcia》イタリア中部トスカーナ地方の丘陵地帯にある渓谷。14~15世紀に発展した都市国家シエナの農業用地として開発された。現在もオリーブ・ブドウの畑・イトスギの並木などの田園風景が広がり、ピエンツァモンタルチーノなど五つの町や村は、中世面影を色濃く残している。2004年、世界遺産(文化遺産)に登録された。オルチャ渓谷バルドルチア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

2004年に登録されたイタリアの世界遺産(文化遺産)で、トスカーナ州シエナ県に位置する。州を象徴するなだらかな丘陵が続く一帯に、ルネサンス期の町並みが点在し、ぶどう畑、オリーブ畑などの景観がピエトロ・ロレンツェッティ、ジョヴァンニ・ディ・パオロなど多くの芸術家に影響を与えた。渓谷一帯は「オルチア渓谷美術・自然・文化公園」にもなっており、すばらしい景観と多くのルネサンスの芸術家により伝播された注目に値する芸術の保存のために、世界遺産に登録された。また、この地域は「テヌータ・ディ・トリノーロ」や「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」という銘柄のワインの産地としても名高い。◇英名はVal d'Orcia

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android