コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドス青銅器 オルドスせいどうき

大辞林 第三版の解説

オルドスせいどうき【オルドス青銅器】

オルドスを中心とする地域から出土する青銅器。中国の殷いん代から南北朝に及ぶ北方遊牧民の武器・馬具・装身具などで、写実的な動物文に特徴がある。綏遠青銅器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オルドス青銅器【オルドスせいどうき】

中国,内モンゴル自治区中南部のフフホト付近一帯(旧綏遠(すいえん)省),およびオルドス地方の広大な砂漠草原地帯に分布する青銅器で,綏遠青銅器ともいう。小型利器,馬具,革金具など各種あり,馬,シカ,ヤギなどの動物意匠に特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルドスせいどうき【オルドス青銅器】

中国,内モンゴル自治区オルドス地方を中心として発見される青銅器。綏遠(すいえん)(現,フフホト市)の名をとって綏遠青銅器と呼ばれることもある。しかしその分布地域はオルドス地方だけには限られず,中国東北地方北部,モンゴリア長城地帯など広い地域から発見される。南シベリアの青銅器文化(カラスク文化)や,初期鉄器文化(タガール文化)と特に関連が深く,その担い手は中国北辺の牧畜民であったと考えられている。短剣,闘斧,斧,内反りの刀子,鏃などの武器や工具,馬具,さまざまな飾金具,そして鍑と呼ばれる煮沸用容器などが知られているが,いずれも携帯に便利な小型・軽量のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルドス青銅器の関連キーワード春秋戦国時代遼寧式銅剣南北朝装身具匈奴