コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレゴン問題 オレゴンもんだいOregon Question

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレゴン問題
オレゴンもんだい
Oregon Question

アメリカ西部オレゴン地方の領有をめぐるイギリス,アメリカ,ロシアスペイン4ヵ国の紛争。スペインとロシアは手をひき,アメリカとイギリスの係争は 1846年のオレゴン条約北緯 49度線を国境とすることで決着をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オレゴンもんだい【オレゴン問題 Dispute over Oregon】

北アメリカのカリフォルニア北部からアラスカ南端に至るオレゴン地域の領有をめぐる英米間の国境画定問題。同地域は,19世紀初めまではスペイン,ロシア,イギリス,アメリカの4国が領有権を主張して譲らなかったが,1819年と24年にそれぞれスペインとロシアが請求権を放棄して以後は,英米2国が1818年の合意にもとづいて共有する形になった。しかし,30年代の後半に始まるアメリカ人のオレゴン移住熱の高まりは,40年代に入って,北緯54゜40′線を北端とするオレゴン全域を合衆国に併合しようとする国家膨張熱へと発展し,これに反対するイギリス側との間に幾度か交渉がくり返された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレゴン問題
おれごんもんだい
Oregon Question

19世紀前半に、北米オレゴン地域の領有をめぐって起こった外交問題。北アメリカの太平洋に面し、カリフォルニア北端からアラスカの南に至る広大なオレゴン地域は、19世紀初めまでスペイン、ロシア、イギリス、アメリカの4国が領有権を主張していたが、スペインとロシアが相次いでその主張を取り下げたため、1824年以降は、米英両国が共同で領有する形になっていた。しかし、1840年前後から同地域に移住するアメリカ人が増えるにしたがい、オレゴン全域の獲得を求める声がアメリカ国内に高まり、「北緯54度40分か、さもなければ戦争!」というスローガンを掲げて大統領に当選したポークのもと、イギリス政府との交渉が重ねられた。その結果、1846年、アメリカと英領カナダの既定の境界の延長線、すなわち北緯49度線をもってオレゴンを分割することで妥協が成立した。このオレゴン協定により、アメリカ合衆国とカナダの国境線が最終的に確定した。[平野 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オレゴン問題の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)平野

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android