オーガンジー

結婚式・ウェディング用語集の解説

オーガンジー

オーガンジーとは、平織で薄手、軽く透けている生地のことで、上品な透け感と程良い張り感を持ち合わせ、固い風合いと光沢が特徴です。ドレスによく使われる素材でもあります。袖や胸元のシースルー部分などにもよく使われます。シルク・レーヨン・ポリエステルなどで、縦横とも50番以上の単糸を使用し、もっとも単純な織りで縦横1本ずつ交互に組み合わせた平織の薄地であり、経緯密度が160本以上あります。製織後漂白または無地染、捺染をし、薄糊を施して麻織物のような感じにしたものをローンと言います。ローンに擬麻加工(ギマカコウ=麻の様な外観とシャリ感、張り感、腰を与える加工)を施した織物がオーガンジーなのです。薄い素材でありながら弾力性があり、ボリューム感を出すことができます。布を通りぬける光を柔らかく包み、フェミニンな雰囲気を持ちながらゴージャスな仕上がりになります。スカート部分に何枚か重ねることで、やさしく繊細な透明感がでます。

出典 ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーガンジー
おーがんじー
organdyorgandie

もと綿織物で、オルガンジーともいう。ごく薄手の地の透いて見える織物で、コーマ掛けした単糸で織られる。特徴は手ざわりをこわく特殊糊(のり)付け仕上げをし、糸むらがなく一様に地薄で透明に加工するが、とくにシルケット加工したものは、光沢のある堅い手ざわりの風合いが優れ、洗濯しても生地の変化はない。絹のオーガンジーは、無撚(むよ)りまたは1メートルに1500回くらいの片撚(かたよ)りをかけた生糸を経緯(たてよこ)に使い、織り上げたのち精練せずに、堅い手ざわりと光沢のある仕上げをする。ナイロンのオーガンジーは、経緯に細いナイロン長繊維を使って織り上げ、樹脂加工して堅めの手ざわりに仕上げる。用途は夏のドレス、コート、ブラウス、カラー、カフス、子供のドレス、ベビー帽、人形の着物、造花、婦人帽、襟飾りなどである。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

オーガンジー

〘名〙 (organdy, organdie)⸨オーガンディ⸩ ごく薄くて軽い、半透明、平織の絹・綿織物。夏の婦人服などに用いる。
※負け犬(1953)〈井上友一郎〉「客寄せの『桜まつり』がすんでしまふと、晴美は、もとの薄青いオーガンディのイヴニング・ドレスに戻った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android