オースター

百科事典マイペディアの解説

オースター

米国の小説家。ニューアーク生れのユダヤ系3世。大学卒業後渡仏し,数年間滞在。〈ニューヨーク三部作〉(《シティ・オブ・グラス》(1985年),《幽霊たち》(1986年),《鍵のかかった部屋》(1987年))の小説形式のポスト・モダン的な脱構築と,寓意的で抒情的な語り口によって一躍注目を浴びる。〈米国カフカ〉とも称される。《孤独の発明》(1982年),《最後の物たちの国で》(1987年)などのほか詩集,仏文学の翻訳がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オースターの関連情報