オーバーナイト透析(読み)オーバーナイトトウセキ

デジタル大辞泉の解説

オーバーナイト‐とうせき【オーバーナイト透析】

overnight dialysis》深夜から早朝にかけて行う透析。睡眠時間を利用して透析を行うため、患者のストレス軽減や社会生活の維持に役立つとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

オーバーナイト透析

腎不全により失われた腎臓の働きを機械で代替する人工透析を、深夜帯の睡眠時間に行うこと。従来の人工透析は日中に4時間程度かけて行うが、オーバーナイト透析は8時間程度かけてゆっくり行うため、体への負担が軽減されることや薬剤を減らせること、毒素が十分に除去されて血圧が安定したり、貧血が改善したりすることなどが期待できる。また深夜帯に行うため日中に通院する必要がなく、仕事や学業と両立しやすい。

(2019-8-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーバーナイト透析の関連情報