コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーファンドラッグ orphan drug

翻訳|orphan drug

大辞林 第三版の解説

オーファンドラッグ【orphan drug】

きわめてまれで患者が少ない病気の、治療・診断・検査・予防などに用いる薬剤。稀用きよう薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーファンドラッグ
おーふぁんどらっぐ
orphan drug

医療上の必要が高いにもかかわらず、難病など対象とする患者数が少ない医薬品のこと。希少疾病用医薬品(希用薬)ともいわれる。筋ジストロフィー、エイズなど患者数が少ない病気の治療薬は、採算がとれないため、企業の自主努力に期待するのは困難である。そこで厚生省(現、厚生労働省)では1993年(平成5)11月から「希少疾病用医薬品」指定制度をスタートさせ、全国で患者数が5万人未満、必要性、開発の可能性が高い治療薬や医療器具を対象として、企業に研究開発費を助成している。2013年(平成25)4月までに薬300種、器具23種を指定した。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オーファンドラッグの関連キーワードウルトラオーファンドラッグ薬事法予防検査薬剤診断

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android