オーラ(英語表記)aura

翻訳|aura

世界大百科事典 第2版の解説

オーラ【aura】

人体から発する霊的な放射体。風,香気,輝きなどを意味するラテン語アウラに由来する。数cmから1m近くの厚みで体を取り巻く光の雲のようなものとされ,通常は超能力者にしか見えないといわれる。科学面ではキルリアン写真やライヒのオルゴン・エネルギーとの関連から,また宗教面では聖人の背光やアストラル体Astral body(物質としての人体を包む霊的肉体)を解明する鍵として研究されている。オーラについての科学的実験はキルナーWalter John Kilner(1847‐1920)に始まり,1/8インチ(約0.3cm)離れた2枚のガラス板の間に感光染料ジシアニンのアルコール溶液を満たした〈ジシアニン・スクリーン〉が考案された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オーラ【aura】

〔アウラの英語読み〕
人や物が発する、視覚ではとらえられない一種の雰囲気。 → アウラ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オーラ

〘名〙 (aura) 人体から発散される霊的なエネルギー。転じて、ある人や物が発する、一種独特な霊的雰囲気。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオーラの言及

【癲癇】より

…尿を失禁したり,舌をかんだりすることがある。数日ないし数時間前に頭重やいらいらがあるのを前駆期といい,発作の数秒前から頭痛やめまいがあったり,きらきらする光点をみたりするのを前兆auraという。しかし,この前兆の本態は部分発作なので,前兆のある発作は,部分発作が二次的に全般化した発作ということになる。…

【キルリアン写真】より

…平面電極と高電圧低電流の電源を用い,主として生物体からの放電現象を写した写真。ある種の超能力者だけに見える光(いわゆるオーラの類)を撮影したものとして喧伝された。例えば植物の葉の一部を切り取って写すともとの葉の形が写る(ファントム・リーフ現象)とか,人間の指から出る光の強さや色が感情に応じて変わるなどともいわれる。…

※「オーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーラの関連情報