コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カオダイ教寺院 カオダイきょうじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

カオダイきょうじいん【カオダイ教寺院】

ベトナム南部のホーチミン市(かつての南ベトナムの首都サイゴン)北西およそ100km、タイニンという町にある寺院。1919年にゴ・ミン・チェン(呉明釗)によって唱えられた、キリスト教、仏教、イスラム教儒教道教を取り入れた新興宗教カオダイ教(信徒は200万人といわれる)の総本山。この寺院は1933~55年にかけて建設されたもので、キリスト、釈迦孔子、ビクトル・ユゴー、李白などを聖人として祀っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カオダイきょう‐じいん〔‐ケウジヰン〕【カオダイ教寺院】

Toa Thanh Cao Dai》ベトナム南部の都市タイニンにある寺院。新興宗教カオダイ教の総本山。1933年から1955年にかけて建造。キリスト教の大聖堂に極彩色のアジア風の装飾が施され、キリスト、釈迦、ムハンマド、孔子などの諸聖人のほか、トルストイビクトル=ユゴー李白などの文人を祭る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android