コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カオダイ教寺院 カオダイきょうじいん

2件 の用語解説(カオダイ教寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カオダイきょうじいん【カオダイ教寺院】

ベトナム南部のホーチミン市(かつての南ベトナムの首都サイゴン)北西およそ100km、タイニンという町にある寺院。1919年にゴ・ミン・チェン(呉明釗)によって唱えられた、キリスト教、仏教、イスラム教、儒教、道教を取り入れた新興宗教カオダイ教(信徒は200万人といわれる)の総本山。この寺院は1933~55年にかけて建設されたもので、キリスト、釈迦、孔子、ビクトル・ユゴー、李白などを聖人として祀っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カオダイきょう‐じいん〔‐ケウジヰン〕【カオダイ教寺院】

Toa Thanh Cao Dai》ベトナム南部の都市タイニンにある寺院。新興宗教カオダイ教の総本山。1933年から1955年にかけて建造。キリスト教の大聖堂に極彩色アジア風の装飾が施され、キリスト、釈迦、ムハンマド、孔子などの諸聖人のほか、トルストイビクトル=ユゴー李白などの文人を祭る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カオダイ教寺院の関連キーワードビエンホアベトコンホーチミン市交趾支那胡志明西貢ベトさんとドクさんスアンロクファン・タイン・ザンホー・チ・ミン[市]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone