コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガミガイ(鏡貝) カガミガイPhacosoma japonicum

世界大百科事典 第2版の解説

カガミガイ【カガミガイ(鏡貝) Phacosoma japonicum】

マルスダレガイ科の二枚貝(イラスト)。円盤状で白いのでこの名があり,同じ理由からモチガイ(餅貝),シロガイ(白貝)ともいう。殻の長さ6.5cm,高さ6cm,膨らみは弱く2.8cm。殻表の成長脈は明らかで,後方では多少板状に成長する。北海道南部から九州までの浅海の砂底にすむ。大きい内湾に多く,砂中にいるのを指先でさがしてとり,肉を食べるが硬い。この種に似て殻表に淡褐色の放射帯のあるのはマルヒナガイP.troscheliで,房総半島から九州に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android