コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガミガイ(鏡貝) カガミガイ Phacosoma japonicum

1件 の用語解説(カガミガイ(鏡貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カガミガイ【カガミガイ(鏡貝) Phacosoma japonicum】

マルスダレガイ科の二枚貝イラスト)。円盤状で白いのでこの名があり,同じ理由からモチガイ(餅貝),シロガイ(白貝)ともいう。殻の長さ6.5cm,高さ6cm,膨らみは弱く2.8cm。殻表の成長脈は明らかで,後方では多少板状に成長する。北海道南部から九州までの浅海の砂底にすむ。大きい内湾に多く,砂中にいるのを指先でさがしてとり,肉を食べるが硬い。この種に似て殻表に淡褐色の放射帯のあるのはマルヒナガイP.troscheliで,房総半島から九州に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カガミガイ(鏡貝)の関連キーワード浅蜊内紫沖浅蜊鏡貝小玉貝簾貝朝鮮蛤花貝沖蜆忘貝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone