コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサリン[アラゴン] Catherine of Aragon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサリン[アラゴン]
Catherine of Aragon

[生]1485.12.16. スペイン,アルカラドエナレス
[没]1536.1.7. イングランド,キンボルトン
イングランド王ヘンリー8世の最初の妃。キャサリンとも表記される。スペイン王フェルナンド2世イサベル1世の末娘で,1501年ヘンリーの兄アーサーに嫁したが,翌 1502年アーサーが夭折したため,1509年義弟ヘンリー8世と再婚した。ヘンリーとの子供はメアリー1世を残してほかは死んだため,男子相続者を欲したヘンリーの寵は侍女アン・ブリンに移った。ヘンリーは教皇クレメンス7世カサリンとの結婚の無効を訴え,この問題がこじれてイギリス宗教改革の原因になった。カサリンは最後まで離婚の無効を主張したが,ヘンリーは 1531年カサリンと別れ,以後は公の場からも遠ざけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カサリン[アラゴン]の関連キーワードクレメンス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android