コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザフ族 カザフぞくKazakh

翻訳|Kazakh

1件 の用語解説(カザフ族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カザフぞく【カザフ族 Kazakh】

中央アジアのカザフスタン共和国と,中華人民共和国新疆ウイグル自治区の伊犂哈薩克自治州を主たる居住地とするトルコ系民族。ロシア人が誤って,キルギスあるいはキルギス・カザフと呼んだため,古い欧文文献ではそのように記されている。人口は,カザフスタンに約707万(1992),中国に101万(1988),ウズベキスタンロシアモンゴルなどのカザフ族と合わせて1000万人に及ぶと推定される。元来遊牧民であるが,現在では定住生活を送る者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカザフ族の言及

【カザフスタン】より


[歴史]
 18世紀,それまで三つのジューズ(モンゴル語でオルド。一般にオルダともいう)に分かれて遊牧していたカザフ人のうち,シル・ダリヤ以北のステップとアラル海北方の中小二つのオルダがロシアに臣属し,19世紀の60年代大オルダが併合されカザフスタンはすべてロシアの領土となった(ロシア革命以前の歴史については〈カザフ族〉の項を参照されたい)。 1913年には2万人の工場労働者,2万3000人の鉄道労働者を数えたが,まだ大部分のカザフ人は遊牧生活を続けていた。…

※「カザフ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone