カステロ・ブランコ(英語表記)Castelo Branco, Camilo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステロ・ブランコ
Castelo Branco, Camilo

[生]1825.3.16. リスボン
[没]1890.6.1. サンミゲルデセイデ
ポルトガルの小説家。 10歳で孤児となり,父方の伯母の家で育った。 1841年結婚。 44年ポルトの医科大学に学ぶ。 49年にはマリア・ブロウネ夫人と交情を結び,ポルト市のスキャンダルの的となった。翌年ポルトの神学校に入ったが,51年修道女との恋愛を新聞『祖国』に暴露され,聖職を断念。 90年に失明し,自殺。風俗小説の創始者。代表作『幸福はいずこに』 Onde está a Felicidade? (1856) ,『破滅の恋』 Amor de Perdição (62) ,『善と悪』O Bem e o Mal (63) ,『エウゼビオ・マカリオ』 Eusébio Macário (79) ,『無頼漢の群れ』A Corja (80) 。

カステロ・ブランコ
Castelo Branco, Humberto de Alençar

[生]1900.9.20. フォルタレザ
[没]1967.7.18. フォルタレザ近郊
ブラジルの軍人,政治家。軍人の家に生れ,幼年学校,士官学校を優秀な成績で卒業。第2次世界大戦中はブラジル海外派遣軍中佐としてイタリア戦線におもむき,戦後はアメリカ合衆国,フランスに留学。ブラジル第2軍団の司令官,陸軍参謀総長を経て,1964年の軍事クーデターでは中心的役割を果した。同年軍事政権の初代大統領となり,軍部指導の政治体制の確立,経済の安定化,対米友好関係の回復など長期軍事政権の基礎を築いた。 67年3月満期辞任。同年7月 18日飛行機事故で死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カステロ・ブランコ

ポルトガルの小説家,劇作家,詩人。小説《仕合せはどこに》で有名になる。ポルトガルの生活を民衆の言葉で生き生きと再現。代表作は《破滅の恋》《ミーニョ物語集》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

367日誕生日大事典の解説

カステロ・ブランコ

生年月日:1900年9月20日
ブラジルの軍人,軍事政権最初の大統領
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android