コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッテンディーケ カッテンディーケ Kattendijke, Willem Johan Cornelis, Ridder Huijssen van

2件 の用語解説(カッテンディーケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッテンディーケ
カッテンディーケ
Kattendijke, Willem Johan Cornelis, Ridder Huijssen van

[生]1816.1.22. ゼーランド
[没]1866.2.6. ハーグ
オランダの海軍士官,海軍大臣。長崎海軍伝習所教官ペルス・ライケンの後任として,幕府注文軍艦『ヤパン (咸臨丸) 』号の回航を兼ねて 1857年 11月7日 (安政4年9月 21日) 長崎に到着。当時二等尉官であったが,幕臣勝海舟 (安芳) ,榎本武揚をはじめ諸藩の伝習生を多く教育。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッテンディーケ
かってんでぃーけ
Willem Johan Cornelis, Ridder Huijssen van Kattendijke
(1816―1866)

幕末に来日したオランダの海軍軍人江戸幕府はそれまでの鎖国から開国へその政策を転ずるに際して、西欧式海軍の創設を図り、長崎に海軍伝習所を設けた。そしてオランダから教師を招き、近代科学ならびに海軍に関する教育を受けさせることとし、あわせて軍艦の建造と購入をオランダへ依頼した。海軍二等尉官のカッテンディーケはオランダの第二次海軍教育班として、オランダで建造した軍艦ヤパン号(咸臨丸(かんりんまる))を回航して1857年(安政4)長崎に来航した。同地で勝海舟(かつかいしゅう)、榎本武揚(えのもとたけあき)や諸藩の伝習生の教育にあたり、1859年に離日するまで2年余り、日本海軍の創設に尽くした。帰国後、中佐に昇進。のち軍職を去って政界に入り、海相となって、日本からの留学生内田恒次郎(正雄、1839―1876)、西周(にしあまね)らの学修を斡旋(あっせん)し、開陽丸建造の際にも尽力した。一時は外相も兼ねたが、1866年2月、海相在任中に病没した。著書に『日本滞在日記抄』(1860)がある。[片桐一男]
『カッテンディーケ著、水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッテンディーケの関連キーワードカンバーランド川ゼータレジャーランドニュージーランド海驢フェアリーランドローランド効果漢字ワンダーランドフリーランダーオーランド[諸島]ゼーラント[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone