コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開陽丸 カイヨウマル

大辞林 第三版の解説

かいようまる【開陽丸】

幕末、幕府がオランダに発注して建造した軍艦。排水量約3000トン。1867年榎本武揚らの手で横浜に回航。幕府の崩壊に際して北海道へ脱出したが、荒天のため江差で沈没。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開陽丸
かいようまる

江戸時代末期の幕府海軍の主要艦。1866年(慶応2)オランダで建造、翌年3月、留学中の榎本武揚(えのもとたけあき)らが同乗して横浜に回航した。2590排水トンのバルク型3本マストの機帆走木造軍艦で、全長72.8メートル、幅13メートル、400馬力蒸気機関1基、汽走速力10ノット、標準装備大砲26門、乗組員350~500人。当時における世界的な有力艦といわれる。68年1月の鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いののち、前将軍徳川慶喜(よしのぶ)を乗せて大坂から江戸に帰港。同年8月、榎本武揚指揮の旧幕府脱走艦隊の旗艦として箱館(はこだて)に入港、11月、江差(えさし)に停泊中、荒天のため座礁、沈没した。江差町文化センターに開陽丸に関する資料や、引き上げられた遺品が所蔵、展示されている。[船津 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開陽丸の言及

【江差[町]】より

…その後もニシン漁業を背景に経済的発展をみ,〈江差の五月は江戸にもない〉といわれるほどのにぎわいをみせたが,明治以降はニシン場の北上などに伴いしだいにさびれた。箱館戦争の際同港で座礁沈没した旧幕府軍艦開陽丸の遺品などの歴史的資料も多い。【榎森 進】。…

※「開陽丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開陽丸の関連キーワード北海道檜山郡江差町姥神町開陽丸青少年センター日本のおもな博物館カッテンディーケクルップ[会社]カッテンダイケ沢太郎左衛門水中考古学江差(町)新門辰五郎榎本 武揚山下 岩吉甲賀源吾伊東祐麿江戸幕府上田寅吉山下岩吉古川庄八幕末

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開陽丸の関連情報