コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテガット海峡 カテガットかいきょう

3件 の用語解説(カテガット海峡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カテガット海峡【カテガットかいきょう】

スウェーデンとユトランド半島との間の水域。スカゲラク海峡で北海と,エレソン,大ベルト,小ベルトの3海峡でバルト海結ばれる。長さ約254km,幅60〜150km,最大水深125m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カテガットかいきょう【カテガット海峡 Kattegat】

ユトランド半島とスウェーデンの間の海峡。北海とバルト海を結ぶ海峡の東部の水域で,西はスカゲラク海峡に,東は三つの海峡でバルト海につながる。幅60~150km。この海峡の南半はモレーン(氷堆石)源の砂礫底で,20mくらいの深さであるが,北東のスウェーデン側は80m以上で,海底谷がある。バルト海への主水道であるエーレÖre海峡には,中世に海上税関があり,デンマーク王の大きな財源になっていた。現在もバルト海と外海をつなぐ唯一の通商路である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カテガット海峡
かてがっとかいきょう
Kattegat

北ヨーロッパ、デンマークとスウェーデンの間の海域。東にスウェーデンのハーランド、西にユトランド半島、南にシェラン、フュン両島に挟まれた海域をさし、北欧ではかならずしも「海峡」とはよばれない。北方に広がるスカゲラク海域とを分かつ線は、ユトランド半島最北端スカーイェンから東方に向かってパテルノステル岩礁に至る直線である。南方のバルト海へは、小ベルト、大ベルト、エアスン(エーレスンド)の3海峡が結び、一方、北海へはスカゲラク海域を経てつながる。レス島の東沖に水深20メートルを超す最深部が北から延び、この海域でバルト海の海水(塩分濃度15)と北海の海水(同30)が混ざり合い、塩分濃度の低い水が海水面を覆う。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone