コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテガット海峡 カテガットかいきょう

3件 の用語解説(カテガット海峡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カテガット海峡【カテガットかいきょう】

スウェーデンとユトランド半島との間の水域。スカゲラク海峡で北海と,エレソン,大ベルト,小ベルトの3海峡でバルト海結ばれる。長さ約254km,幅60〜150km,最大水深125m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カテガットかいきょう【カテガット海峡 Kattegat】

ユトランド半島とスウェーデンの間の海峡。北海とバルト海を結ぶ海峡の東部の水域で,西はスカゲラク海峡に,東は三つの海峡でバルト海につながる。幅60~150km。この海峡の南半はモレーン(氷堆石)源の砂礫底で,20mくらいの深さであるが,北東のスウェーデン側は80m以上で,海底谷がある。バルト海への主水道であるエーレÖre海峡には,中世に海上税関があり,デンマーク王の大きな財源になっていた。現在もバルト海と外海をつなぐ唯一の通商路である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カテガット海峡
かてがっとかいきょう
Kattegat

北ヨーロッパ、デンマークとスウェーデンの間の海域。東にスウェーデンのハーランド、西にユトランド半島、南にシェラン、フュン両島に挟まれた海域をさし、北欧ではかならずしも「海峡」とはよばれない。北方に広がるスカゲラク海域とを分かつ線は、ユトランド半島最北端スカーイェンから東方に向かってパテルノステル岩礁に至る直線である。南方のバルト海へは、小ベルト、大ベルト、エアスン(エーレスンド)の3海峡が結び、一方、北海へはスカゲラク海域を経てつながる。レス島の東沖に水深20メートルを超す最深部が北から延び、この海域でバルト海の海水(塩分濃度15)と北海の海水(同30)が混ざり合い、塩分濃度の低い水が海水面を覆う。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カテガット海峡の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレー丁抹ユトランド半島スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone