コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトリック両王 カトリックリョウオウ

世界大百科事典 第2版の解説

カトリックりょうおう【カトリック両王 Los Reyes Católicos】

アラゴン王フェルナンド2世(在位1479‐1516)とカスティリャ女王イサベル1世(在位1474‐1504)の2人の通称。カトリック王の称号は,イベリア最後のイスラム国グラナダを征服した功績をたたえて,ローマ教皇アレクサンデル6世から贈られた。ちなみに以後歴代スペイン王はしばしば〈カトリック王〉と呼ばれた。 結果的には近代スペインの創設者となる2人は,中世末期の混乱の最中に結婚した(1469)。それは存亡の危機にしたアラゴンの最後の期待と,揺れ続ける王位継承者としての自分の立場を強化しようとするイサベルの狙いが結びついた結果だった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカトリック両王の言及

【スペイン帝国】より


[スペインの誕生]
 15世紀後半,イベリア半島はカスティリャ,アラゴン連合王国(以下アラゴンと略記),ポルトガル,ナバラおよびイスラム教徒のグラナダ王国(ナスル朝)の5ヵ国に分かれ,そこにはまだスペインという国はなかった。しかし,カスティリャにイサベル1世が立ち(1474),次いでアラゴンの王位にフェルナンド2世が就くと(1479),その後40年足らずの間にポルトガルを除く4ヵ国はカトリック両王のもとに一つの王権を共有するという形で新しい政治単位を形成,周辺諸国はこれをスペインと呼び始めた。 しかし,このスペインは決してカスティリャとアラゴンの統一合体を意味するものではなかった。…

【トルデシーリャス条約】より

…1494年6月スペインのカトリック両王とポルトガルのジョアン2世との間で締結された条約で,これにより大西洋における両国の管轄区域が定められた。コロンブスの発見地を1479年のアルカソバス協定にもとづいて自国の領土に属すると主張するジョアン2世に対し,カトリック両王はローマ教皇アレクサンデル6世に使者を送り,発見地が自国に属する旨の大教書の公布を求めた。…

※「カトリック両王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カトリック両王の関連キーワードサンファンデロスレイエス修道院パロス・デ・ラ・フロンテラガリシア(スペイン)トルデシーリャス条約フェルナンド[2世]アルハフェリア宮殿カスティーリャ王国カスティリャ王国トラスタマラ朝グラナダ大聖堂アンダルシアアブラバネルアラゴン王国マラガ大聖堂ボアブディルスペイン史アルカサルイスパニアシスネロスセゴビア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android