コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダ法 カナダほう Constitutional Act

1件 の用語解説(カナダ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナダ法
カナダほう
Constitutional Act

立憲条例とも呼ばれる。 1791年 12月 26日に発効した法令。イギリス議会により決定された。アメリカ独立後,北アメリカに残されたイギリス植民地の一つケベックは,フランス色の濃い植民地であったが,イギリス領となってからアメリカを追われた王党派 (ロイヤリスト ) の流入やイギリス人の移住で,イギリス系の住民が急増した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナダ法の関連キーワード御呼ばれ呼ばれるRD微少可逆則自治基本条例議員提案条例水源の里条例県情報公開条例立憲条例Overseas Call

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナダ法の関連情報