コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニコウモリ

2件 の用語解説(カニコウモリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カニコウモリ

近畿以北の本州と四国の針葉樹林帯の林下にはえるキク科の多年草。茎は高さ0.6〜1m。葉は3枚内外で,形はカニの甲を思わせ,上面には光沢があり縁には不整の鋸歯(きょし)がある。
→関連項目シトギシドケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニコウモリ
かにこうもり / 蟹蝙蝠
[学]Cacalia adenostyloides (Fr. et Sav.) Matsum.

キク科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル、多くはほぼ中ほどに3枚の葉を互生する。葉身はカニの甲らに似た形で、縁(へり)には不ぞろいの鋸歯(きょし)がある。8~9月、茎頂に多数の頭花を円錐(えんすい)状につける。頭花は3~5個の小花と3枚の総包葉片とからなる。本州と四国の亜高山帯の針葉樹林の林床(りんしょう)に群生する。名は、葉形がカニの甲らに似たコウモリソウの意味である。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカニコウモリの言及

【モミジガサ】より

…モミジガサよりひとまわり大きい円錐花序をつける。 カニコウモリC.adenostyloides (Fr.et Sav.) Matsum.は,四国と近畿地方以北の本州の針葉樹林の林床に群生する多年草。前二者に比べてやや小さく,草丈も100cm以下。…

※「カニコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カニコウモリの関連キーワード夏緑樹林針葉樹林タイガ白山石南花二葉蘭樫帯小一薬草小一葉蘭竹縞蘭針金葛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone