カニコウモリ

百科事典マイペディアの解説

カニコウモリ

近畿以北の本州と四国の針葉樹林帯の林下にはえるキク科の多年草。茎は高さ0.6〜1m。葉は3枚内外で,形はカニの甲を思わせ,上面には光沢があり縁には不整の鋸歯(きょし)がある。頭花は小さく,白色で3〜5個の筒状花のみからなり,8〜9月,茎の先に細い円錐状につく。近縁のモミジガサは葉がモミジに似て掌状,北海道〜九州に分布し,若芽はシドケシトギと呼ばれ山菜として利用される。
→関連項目シトギシドケ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニコウモリ
かにこうもり / 蟹蝙蝠
[学]Cacalia adenostyloides (Fr. et Sav.) Matsum.

キク科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル、多くはほぼ中ほどに3枚の葉を互生する。葉身はカニの甲らに似た形で、縁(へり)には不ぞろいの鋸歯(きょし)がある。8~9月、茎頂に多数の頭花を円錐(えんすい)状につける。頭花は3~5個の小花と3枚の総包葉片とからなる。本州と四国の亜高山帯の針葉樹林の林床(りんしょう)に群生する。名は、葉形がカニの甲らに似たコウモリソウの意味である。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカニコウモリの言及

【モミジガサ】より

…モミジガサよりひとまわり大きい円錐花序をつける。 カニコウモリC.adenostyloides (Fr.et Sav.) Matsum.は,四国と近畿地方以北の本州の針葉樹林の林床に群生する多年草。前二者に比べてやや小さく,草丈も100cm以下。…

※「カニコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android