カプラン水車(読み)カプランすいしゃ(英語表記)Kaplan turbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプラン水車
カプランすいしゃ
Kaplan turbine

プロペラ水車の一つ。低落差領域において,固定翼プロペラ水車の欠点である部分負荷における効率の低下を改善したもので,水量に従って羽根の傾きを変化できるようになっている。性能がよいので,80m程度の落差にまで用いられるようになっている。オーストリア人 V.カプランが発明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カプランすいしゃ【カプラン水車】

プロペラ水車の一。流量の変化に応じて自動的に羽根の角度を変え高効率を保てるようにした水車。低落差・大容量の場合に用いられる。オーストリアのカプラン(V. Kaplan)が考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプラン水車
かぷらんすいしゃ
Kaplan turbine

オーストリアのブリューン大学教授カプランViktor Kaplan(1876―1934)が1912年に考案した可動羽根式のプロペラ水車(軸流水車)である。水量が変わると羽根車への水流の流入方向が変化するが、羽根のボスへの取付け部分を回転させることができるようになっていて、流入方向の変化に応じて羽根は自動的に適当な傾きに調節される。そのため固定羽根式のものに比べて効率よく運転できる特徴があり、大型のプロペラ水車はほとんどこの形式となっている。羽根の傾き角の調節装置はボス内に収められており、調速機からの指令により油圧機構を用いて、案内羽根の開度と連動して羽根の取付け軸を回転させるようになっている。[池尾 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カプラン‐すいしゃ【カプラン水車】

〘名〙 (カプランはKaplan) 可動羽根をもつプロペラ水車。低落差で水量の変化する場所に用いられる。発明者の名に因む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカプラン水車の言及

【水車】より

…通常,案内羽根の開閉と同時に油圧により自動的にランナー羽根の開閉が行われる。このような自動調整形式の可動羽根プロペラ水車は,1912年ころオーストリアのカプランVictor Kaplan(1876‐1934)により考案されたので,カプラン水車とも呼ばれている。数mから80m程度までの低落差に用いられ,立軸構造が多い。…

※「カプラン水車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android