コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤシマグモ カヤシマグモ Filistata marginata

2件 の用語解説(カヤシマグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤシマグモ
カヤシマグモ
Filistata marginata

クモ綱クモ目カヤシマグモ科。体長 5mm。壁の割れ目天井板の継ぎ目などに小さな不規則な巣をつくる。入口からちぢれた糸を放射状に引き,かかった昆虫などを巣に持込んで食べる。南方系で,沖縄,台湾にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤシマグモ
かやしまぐも / 萱嶋蜘蛛
[学]Filistata marginata

節足動物門クモ形綱真正クモ目カヤシマグモ科に属する陸生動物。奄美(あまみ)大島より南方にすむ熱帯系のクモで、人家の天井の隅、窓際、壁の割れ目などに縮れた複雑な網を張る。体長5ミリメートル、紫褐色のクモで、歩脚は淡褐色、背甲側縁は白い。6個の出糸突起から出た糸を篩板(しばん)から出る多数の糸でかがり、独特の縮み網をつくる。形態的には下唇と胸板が続いているのも特徴である。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヤシマグモの関連キーワード天雲草蜘蛛子守蜘蛛笹蜘蛛戸閉蜘蛛水蜘蛛居候蜘蛛棘蜘蛛葉蜘蛛メダマグモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone