カヤシマグモ(英語表記)Filistata marginata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤシマグモ
Filistata marginata

クモ綱クモ目カヤシマグモ科。体長 5mm。壁の割れ目や天井板の継ぎ目などに小さな不規則な巣をつくる。入口からちぢれた糸を放射状に引き,かかった昆虫などを巣に持込んで食べる。南方系で,沖縄,台湾にみられる。なおカヤシマグモ科 Filistatidaeは下唇が不動で,胸板と完全に癒合していることが特徴である。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤシマグモ
かやしまぐも / 萱嶋蜘蛛
[学]Filistata marginata

節足動物門クモ形綱真正クモ目カヤシマグモ科に属する陸生動物。奄美(あまみ)大島より南方にすむ熱帯系のクモで、人家の天井の隅、窓際、壁の割れ目などに縮れた複雑な網を張る。体長5ミリメートル、紫褐色のクモで、歩脚は淡褐色、背甲側縁は白い。6個の出糸突起から出た糸を篩板(しばん)から出る多数の糸でかがり、独特の縮み網をつくる。形態的には下唇と胸板が続いているのも特徴である。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android