カラジッチ(Radovan Karadžić)(読み)からじっち(英語表記)Radovan Karadžić

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラジッチ(Radovan Karadžić)
からじっち
Radovan Karadžić
(1945― )

ボスニア内戦時のセルビア人勢力指導者。サライエボへの無差別的攻撃や、民族浄化(他民族の殺害・追放)を命令した戦争犯罪(大量虐殺罪)の容疑で、同勢力軍司令官ムラディチRatko Mladić(1943― )とともに旧ユーゴ戦争犯罪国際法廷に起訴された。モンテネグロ生まれだが、サライエボで精神分析医となる。詩人としても知られた。1990年の自由選挙を前にセルビア人の主権を求める「セルビア民主党」を創立し、党首に就任。選挙後、ムスリム系およびクロアチア系の民族主義政党と「反共」連立政権を樹立し「不戦の誓い」を交わした。しかし1991年後半から1992年初めにかけて、旧ユーゴスラビアからの独立を目ざす多数派の動きにセルビア人が反発し、3勢力の連立政権は崩れていった。カラジッチはボスニア内部に「セルビア人共和国」を樹立し、大統領となる。将来のセルビア本国との合併を見越した行動である。1992年春以降、ユーゴ連邦人民軍(新ユーゴ軍)の支援を得ながら軍事的に支配地域を拡大した。当初はセルビア本国のミロシェビッチ傀儡(かいらい)とみなされたが、戦争を通じて実力を蓄え、「全セルビア民族の指導者」の地位を争うまでになった。しかし、1995年アメリカのオハイオ州デイトンでの和平交渉には戦犯容疑で起訴されたため参加できなかった。1996年6月に大統領辞任、7月には公職追放され、同年9月に行われた統一選挙にも出馬しなかったものの、停戦後も隠然たる影響力を保った。しかし、2008年7月セルビアのベルグラードで同国治安当局に拘束された。

千田 善]

 2016年に禁錮40年を言い渡された。

[編集部]

『千田善著『ユーゴ紛争――多民族・モザイク国家の悲劇』(講談社現代新書)』『M・グレニー著、井上健・大坪孝子訳『ユーゴスラヴィアの崩壊』(1994・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android