コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマツガイ(落葉松貝) カラマツガイSacculosiphonaria japonica

世界大百科事典 第2版の解説

カラマツガイ【カラマツガイ(落葉松貝) Sacculosiphonaria japonica】

海岸の岩場の潮間帯にすむカラマツガイ科の巻貝(イラスト)。殻は笠形で巻いていない。長さ2cm,幅2cm,高さ0.7cmくらいになり,殻頂は黒くて中央からやや左後方に寄る。殻皮は黄色で肋の間は黒みがある。内面は黒紫色であるが,縁部は黄白斑がある。北海道南部から九州までの岩礁の潮間帯の上方に多い。一定の場所にすみ,潮が引くとそこからはい出して20cm内外のところの岩上の藻類を食べ,きた道をたどってもとの場所に戻り,もといた殻の形に合わせて休む帰家習性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報