コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマツガイ(落葉松貝) カラマツガイ Sacculosiphonaria japonica

1件 の用語解説(カラマツガイ(落葉松貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラマツガイ【カラマツガイ(落葉松貝) Sacculosiphonaria japonica】

海岸の岩場の潮間帯にすむカラマツガイ科の巻貝(イラスト)。殻は笠形で巻いていない。長さ2cm,幅2cm,高さ0.7cmくらいになり,殻頂は黒くて中央からやや左後方に寄る。殻皮は黄色で肋の間は黒みがある。内面は黒紫色であるが,縁部は黄白斑がある。北海道南部から九州までの岩礁の潮間帯の上方に多い。一定の場所にすみ,潮が引くとそこからはい出して20cm内外のところの岩上の藻類を食べ,きた道をたどってもとの場所に戻り,もといた殻の形に合わせて休む帰家習性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラマツガイ(落葉松貝)の関連キーワード透かし貝捩貝籬貝茘枝貝蜑貝鴎貝猿頬貝房州法螺松虫貝都鳥貝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone