カリ活用(読み)カリカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

かり‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【カリ活用】

文語形容詞連用形語尾「く・しく」にラ変動詞「あり」が付いて音変化した「かり・しかり」の活用形式をいう。例えば、「高かり」「恋しかり」の類で、形容詞に欠けた、助動詞に続く機能をこれで補っている。従って、終止形「高かり」「恋しかり」や、已然形「高かれ」「恋しかれ」は通常用いられない。かつては、形容動詞の活用形式の一として、ナリ活用タリ活用と並べられたが、今では、形容詞の活用の補助とみて、それに含めるのが普通である。ただ、中古の「多かり」だけは特別で、訓点語で終止形「多し」とその系列が用いられるのに対し、和文では、連用形「多く」のほかは、終止形「多かり」をはめ「多かる」「多かれ」の形が多用されるので、これだけをカリ活用と称することもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりかつよう【カリ活用】

文語形容詞の活用形式の一。「多し」が、その語尾を「から・かり・かり・かる・かれ・かれ」と活用し、「うれし」がその語尾を「しから・しかり・しかり・しかる・しかれ・しかれ」と活用する類。形容詞の連用形語尾「く」に動詞「あり」が付く言い方から派生した形(「多くあり→多かり」「うれしくあり→うれしかり」)。カリ活用は主として助動詞が付く際に用いられるもので、形容詞の用法を補う性格が強い。それで、現在では、形容詞の補助活用として、形容詞の活用にこれを含めて扱うのが普通となっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐かつよう ‥クヮツヨウ【カリ活用】

〘名〙 文語形容動詞の活用の型の一つ。動詞「あり」が形容詞連用形に融合した際の活用。副詞「しか」「かく」に融合したものも同様で、ラ行変格活用である。この融合は、奈良時代にも存在し、平安朝に入ってから著しい発達をとげたが、用法は主に、形容詞に付かない助詞、助動詞に続く場合に限られ、終止形、已然形はごく少数の語でしか用いられない。形容詞の補助活用としての性格が強く、また、すべての形容詞が「あり」と融合しうるので、現在ではこれを形容詞に含めるのが普通であり、一方、融合を分析して、「あり」の用法と見る説もある。口語では「よかろ(う)」「よかっ(た)」の形が、未然形、連用形として、形容詞の活用に全く組み込まれている。方言には、終止形、連体形に「よか」「いたか」などの形を用いるものがあり、これもカリ活用の残存と認められる。
[補注]大矢透の「語格指南」(一八八〇)では変則な活用をする形状言としてとり上げられ、「有字四段の活」としている。また、三矢重松の「高等日本文法」(一九〇八)では、形容詞の中で「カリ活」として説明されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android