コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリ活用 カリカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

かり‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【カリ活用】

文語形容詞連用形語尾「く・しく」にラ変動詞「あり」が付いて音変化した「かり・しかり」の活用形式をいう。例えば、「高かり」「恋しかり」の類で、形容詞に欠けた、助動詞に続く機能をこれで補っている。従って、終止形「高かり」「恋しかり」や、已然形「高かれ」「恋しかれ」は通常用いられない。かつては、形容動詞の活用形式の一として、ナリ活用タリ活用と並べられたが、今では、形容詞の活用の補助とみて、それに含めるのが普通である。ただ、中古の「多かり」だけは特別で、訓点語で終止形「多し」とその系列が用いられるのに対し、和文では、連用形「多く」のほかは、終止形「多かり」をはじめ「多かる」「多かれ」の形が多用されるので、これだけをカリ活用と称することもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりかつよう【カリ活用】

文語形容詞の活用形式の一。「多し」が、その語尾を「から・かり・かり・かる・かれ・かれ」と活用し、「うれし」がその語尾を「しから・しかり・しかり・しかる・しかれ・しかれ」と活用する類。形容詞の連用形語尾「く」に動詞「あり」が付く言い方から派生した形(「多くあり→多かり」「うれしくあり→うれしかり」)。カリ活用は主として助動詞が付く際に用いられるもので、形容詞の用法を補う性格が強い。それで、現在では、形容詞の補助活用として、形容詞の活用にこれを含めて扱うのが普通となっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カリ活用の関連キーワードシク活用補助活用ク活用

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android