コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリ活用 カリカツヨウ

2件 の用語解説(カリ活用の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かり‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【カリ活用】

文語形容詞連用形語尾「く・しく」にラ変動詞「あり」が付いて音変化した「かり・しかり」の活用形式をいう。例えば、「高かり」「恋しかり」の類で、形容詞に欠けた、助動詞に続く機能をこれで補っている。従って、終止形「高かり」「恋しかり」や、已然形「高かれ」「恋しかれ」は通常用いられない。かつては、形容動詞の活用形式の一として、ナリ活用タリ活用と並べられたが、今では、形容詞の活用の補助とみて、それに含めるのが普通である。ただ、中古の「多かり」だけは特別で、訓点語で終止形「多し」とその系列が用いられるのに対し、和文では、連用形「多く」のほかは、終止形「多かり」をはじめ「多かる」「多かれ」の形が多用されるので、これだけをカリ活用と称することもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かりかつよう【カリ活用】

文語形容詞の活用形式の一。「多し」が、その語尾を「から・かり・かり・かる・かれ・かれ」と活用し、「うれし」がその語尾を「しから・しかり・しかり・しかる・しかれ・しかれ」と活用する類。形容詞の連用形語尾「く」に動詞「あり」が付く言い方から派生した形(「多くあり→多かり」「うれしくあり→うれしかり」)。カリ活用は主として助動詞が付く際に用いられるもので、形容詞の用法を補う性格が強い。それで、現在では、形容詞の補助活用として、形容詞の活用にこれを含めて扱うのが普通となっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ活用の関連キーワード折悪しくク活用口語形シク活用文語形ぼろ連用形がほ・しがわし・いぼった・い

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone