コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルダレッリ カルダレッリ Cardarelli, Vincenzo

2件 の用語解説(カルダレッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルダレッリ
カルダレッリ
Cardarelli, Vincenzo

[生]1887. ビテルボ
[没]1959. ローマ
イタリアの詩人。本名 Nazareno Cardarelli。雑誌『ロンダ』 La Rondaを創刊し,第1次世界大戦後の荒廃した風土のなかで伝統詩の復活を唱えた。主著『プロローグProloghi (1916) ,『日盛り』 Il solea picco (30) ,『アルカディアの隠者』 Solitario in Arcadia (47) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルダレッリ
かるだれっり
Vincenzo Cardarelli
(1887―1959)

イタリアの詩人。貧困のうちにほとんど独学でダンテレオパルディなどを読む。第一次世界大戦後の混迷する時代のなかで、伝統への回帰と古典の復興を唱えて『ロンダ』誌を創刊。レオパルディを高く評価した。代表作は、生地タルクィニアを歌った『日ざかり』(1929)。ほかに『アルカディアの隠者』(1947)、『タラントラの別荘』(1948)などがある。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルダレッリの関連キーワードビテルボ角を立てる照る照る坊主ベルボーイ勃・歿・没チオエステルてるてる坊主カルボン酸エステラーゼホルボールエステルヴィテルボ岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルダレッリの関連情報