コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワラニンジン かわらにんじん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワラニンジン
かわらにんじん / 河原人参
[学]Artemisia apiacea Hance

キク科の一、二年草。茎は高さ0.4~1.5メートル。葉は2回羽状に深裂し、裂片の先は鋭く、両面無毛で、ニンジンの葉に似る。根出葉は集まってつくが、茎の葉は互生する。8~9月、茎上部が多く分枝し、円錐(えんすい)花序をつける。頭花は球状で、径5~6ミリメートル、下向きに開く。本州から九州の畑や川岸、荒れ地などに生え、朝鮮、中国にも分布する。薬用植物として輸入されたものが、帰化したと考えられている。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカワラニンジンの言及

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…広く全世界に分布する。カワラニンジンA.apiacea Hance(イラスト)は畑や川岸,荒地に生える一年草。本州~九州,朝鮮,中国に分布するが,日本のものは中国から薬用植物として渡来したものが野生化したと考えられている。…

※「カワラニンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カワラニンジンの関連キーワードクソニンジン野良人参野人参藪人参臭人参唐艾青蒿臭艾草蓬