コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンスー(甘粛)省 カンスーGansu

翻訳|Gansu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンスー(甘粛)〔省〕
カンスー
Gansu

略称はカン (甘) またはロン (隴) 。中国,西北地方中部の1級行政区。5特別市,7地区,2自治州に分れ,8市,60県,7自治県から成る。行政中心地はランチョウ (蘭州) 特別市。漢代に一部が隴西郡に属したことから略称が生じ,清で甘州と粛州を合せて省としたことが名称の由来である。チベット高原の北東縁に沿って細長く延びており,南東部はホワントー (黄土) 高原,中部以西は内モンゴル (蒙古) 高原との移行地帯にあたる。中部以西はホーシー (河西) 回廊で,砂地と礫質の砂漠地帯であるが,オアシスが点在しており,漢代からシルクロードの一部として,中国と西アジアの交流に重要な役割を果した。月平均気温は北西部で-14℃ (1月) ~11℃ (7月) ,南端のチャン (長) 江流域で4~26℃である。年降水量は南東部で 500mm,北西部で 50mm。耕地の大部分はホワントー高原にあるが,降水は夏季に集中していて,土壌の流失が激しく,しばしば干害に襲われた。人民共和国成立後は,植林,貯水池や灌漑水路の建設,段畑の造成などに力が注がれている。ホーシー回廊では 1600kmに及ぶ防風防砂林を建設して耕地の保全と拡大をはかっている。食糧作物としてはコムギ,キビ,アワが多く,高地ではハダカムギ,トウモロコシも栽培。工芸作物ではワタ,ゴマ,テンサイ,タバコが主。チベット高原ではウマ,ヤク,ウシ,ヒツジの牧畜が盛ん。地下資源はユイメン (玉門) 市の石油,カオラン県の銅のほか石炭,鉄,硫黄,塩などがある。工業はランチョウ市,ユイメン市,ティエンシュイ (天水) 市,チヤユイコワン (嘉峪関) 市などに発達。石油精製,化学,鉄鋼,機械,毛紡織の大工場があり,搾油,畜産品加工,製糖,製紙なども盛んである。ランチョウ市は中国西部の鉄道と航空路のかなめで,ロンハイ (隴海) 鉄道,ランシン (蘭新) 鉄道,チンラン (青蘭) 鉄道,パオラン (包蘭) 鉄道が接続している。住民は漢族のほかホイ族,チベット族,トンシャン族,モンゴル族,バオアン族,ユーグ族など多様。面積 45万 km2。人口 2237万 1141 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンスー(甘粛)省の関連キーワードカンナン(甘南)チベット(蔵)族自治州リンシヤ(臨夏)ホイ(回)族自治州チヤユイコワン(嘉峪関)特別市ティエンシュイ(天水)特別市リウパンシャン(六盤山)山脈ツァイダム(柴達木)油田チウチュワン(酒泉)地区パオチー(宝鶏)特別市チウチュワン(酒泉)市ピンリヤン(平涼)地区チーリエン(祁連)山脈シーニン(西寧)特別市ホワントー(黄土)高原チャンイエ(張掖)地区ウーウェイ(武威)地区ティンシー(定西)地区リウチヤ(劉家)峡ダムペイシャン(北山)山地ミンシャン(岷山)山脈ロンナン(隴南)地区

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android