コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンナビヒ カンナビヒCannabich, Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンナビヒ
Cannabich, Christian

[生]1731.12.28. 〈洗礼〉マンハイム
[没]1798.1.20. フランクフルト
ドイツのバイオリニスト,指揮者,作曲家。マンハイム楽派の指導的音楽家の一人。 J.シュターミツに学び,イタリアに留学。ローマで N.ヨメリに作曲を学ぶ。 1758年シュターミツの跡を継ぎ,マンハイム宮廷楽団指揮者。交響曲など作品多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンナビヒ【Johann Christian Cannabich】

1731‐98
ドイツの作曲家。マンハイム楽派の一員で,その主導者であったシュターミツの弟子。イタリアで研鑽(けんさん)を積んだのち,師の亡きあと,マンハイムの宮廷オーケストラコンサートマスターを経て,1774年に音楽監督。78年,宮廷自体の移動とともに活躍場所はミュンヘンに移る。多数の交響曲,協奏曲室内楽曲バレエなどの作品がある。77‐78年にマンハイムを訪れたモーツァルトに大きな示唆を与えた。 なお,アルザス地方出身の父マルティンフリードリヒMartin Friedrich(1675?‐1759以後)もマンハイムの宮廷でフルート奏者,作曲家として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンナビヒ
かんなびひ
Johann Christian Cannabich
(1731―1798)

ドイツの音楽家。マンハイム楽派の傑出した作曲家の一人。J・シュターミッツの指導下にマンハイムの宮廷楽団でバイオリンを担当し、師の死後の1758年ごろコンサートマスター、74年には器楽監督となった。宮廷楽団を当代随一の演奏能力をもつ楽団に仕立てあげ、作曲家としては90曲余の交響曲をはじめ、多くの室内楽曲を残した。なお、父マルティン・フリードリヒMartin Friedrich(1675?―1759以後)も、息子カール・アウグストCarl August(1771―1806)も音楽家として名を残している。[大崎滋生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンナビヒの関連キーワード六つのパルティータ買米ファルネーゼ家シュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ティエポロ上米各務支考鬼一法眼三略巻キャベンディッシュ沈南蘋