カーキ色(読み)カーキいろ

精選版 日本国語大辞典「カーキ色」の解説

カーキ‐いろ【カーキ色】

〘名〙 (カーキはkhaki もとヒンディー語で「土色」の) 黄色茶色の混じったようなくすんだ色。軍服によく用いられる。国防色。枯れ草色。カーキ。
※風俗画報‐二九三号(1904)伏見宮御凱旋「此日殿下はカーキー色の御略服を召させられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カーキ色」の解説

カーキ‐いろ【カーキ色】

《カーキはkhaki (土ぼこりの意で、もとウルドゥー語)から》黄色に茶色の混じったくすんだ色。軍服などに用いられる。枯れ草色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「カーキ色」の解説

カーキいろ【カーキ色】

茶褐色系の色で,最初,軍服に使用された保護色。カーキkhakiは,元来ヒンディー語で〈ほこり〉とか〈ほこりっぽい〉の意。1848年に,インドのペシャーワルで偵察隊を組織したイギリス軍のラムスデン中尉は,部下に原地で染めた外衣を着せた。染料は矮性種(わいせいしゆ)のヤシからとったものとも,川の泥ともいわれたが,この色がその後各国の軍用衣服に採用された茶褐色の名称となった。アジアやアフリカの戦闘にも用いられ,敵の目から隠蔽しやすい効果を認めて,イギリス陸軍は98年にカナダを除く全海外領の陸軍に着せ,1902年全軍にこの色の軍服を規定した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーキ色の言及

【学生服】より

…普及とともに紺色・ホック留めの海軍士官略装型の学生服も出現したが,いずれにせよ集団規律,職務への服従,地方民とは異なる選良性などの点で,軍服がモデルとして選びとられたのであった。日露戦争後,陸軍軍服は国防色(カーキ色)へと変わるが,学生服は一貫して当初の色・型を継承し続けた。 女生徒の場合は,和服に表現される貞淑,従順など婦徳への拘泥から,洋服の採用が男子に比して著しく遅れた。…

【軍服】より

… 各国の正規の軍隊の軍服は,戦闘用と儀礼用に大別される。戦闘用は機能的で実用本位に作られており,とくに陸軍の戦闘服では作戦地域の環境にあう保護色を重視してカーキ色やオリーブ・ダーク色が採用されている。儀礼用には通常着用する制服と儀礼服があり,儀礼服は伝統的なものが多い。…

※「カーキ色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android