コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草色 くさいろ

色名がわかる辞典の解説

くさいろ【草色】

色名の一つ。英名はグラスグリーン(grass green)。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、若草が成長して色濃くなった色をさし、青みを帯びた色のこと。紅葉したり、枯れ草にはなっていないが、瑞々しい若葉色より濃い。最古の色名の一つとされる。日本語の人体の名称は「芽と目」「花と鼻」「葉と歯」、また「枝」に対して手足を「四肢」というように植物と対応しているものが多く、それだけ植物を詳しく観察していたと考えられている。日本の色の名には植物と関連したものが多い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くさ‐いろ【草色】

青みがかった緑色。もえぎ色。草葉色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさいろ【草色】

草の葉の色。青みがかった緑色。また、緑色系統の色を広くいう。くさばいろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草色の関連キーワードハナグモ(花蜘蛛)クモマツマキチョウアメリカムシクイゴールド免許証ツルギミドロクサイロカビ石川 光男ナキイナゴフキノトウケワタガモ郵便ポスト千草・千種モズモドキ石川光男岸田衿子千草木綿体色変化カーキ色かつお節ももひき

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草色の関連情報