草色(読み)くさいろ

色名がわかる辞典の解説

くさいろ【草色】

色名の一つ。英名はグラスグリーン(grass green)。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、若草が成長して色濃くなった色をさし、青みを帯びた色のこと。紅葉したり、枯れ草にはなっていないが、瑞々しい若葉色より濃い。最古の色名の一つとされる。日本語の人体の名称は「芽と目」「花と鼻」「葉と歯」、また「枝」に対して手足を「四肢」というように植物と対応しているものが多く、それだけ植物を詳しく観察していたと考えられている。日本の色の名には植物と関連したものが多い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

くさいろ【草色】

草の葉の色。青みがかった緑色。また、緑色系統の色を広くいう。くさばいろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くさ‐いろ【草色】

〘名〙 草の葉の色のような青みがかった緑色。もえぎいろ。草葉色。くさ。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「草色(クサイロ)の紐つけし小紋縮緬(ちりめん)の被布(ひふ)を着たり」

そう‐しょく サウ‥【草色】

〘名〙 くさの色。また、草のような青い色。くさいろ。〔落葉集(1598)〕
※倒痾集(1602頃)「雨余草色感時不、涙低頭更似愁」 〔賈至‐春思詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android