コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガニーマ ガニーマghanīma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガニーマ
ghanīma

一般的には「戦利品」を意味するアラビア語イスラム法学者の理論によれば,ガニーマとは実際の戦闘行為の結果として得られた戦利品を意味し,これに対して戦闘行為なしに獲得した戦利品はファイとされた。前者はその5分の4が戦士に分配され,その5分の1は公のものになり,後者はすべてが分配されずに公の所有となった。しかし,征服の過程でこの両者が厳密に区別されていたかどうか,今日の学者は疑問視している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガニーマ【ghanīma[アラビア]】

イスラム法で,戦利品,とくに動産の戦利品を意味するアラビア語。バドルの戦の直後の啓示(コーラン8:41)は,〈戦利品として取ったものmā ghanimtumのフムス(1/5)はアッラー,使徒,近親者,孤児,貧者および旅人に属する〉として,戦利品の1/5をムハンマドに差し出し,残りの4/5を戦士間で分配することを定めた。これがイスラムのフムス制度の始まりで,のちフムスを取る権利はカリフによって継承された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android