ガラクチトール

栄養・生化学辞典の解説

ガラクチトール

 C6H14O6 (mw182.17).

 ヘキソースアルコール(ヘキシトール)の一種.ガラクトースの還元によって得られる.マダガスカルマンナ(ズルサイト),紅藻類などには遊離型で存在.融点188〜189℃.メソ体であるため旋光性はない.水によく溶けわずかな甘味を呈する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android