コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラゴ Galago senegalensis; galago; bush baby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラゴ
Galago senegalensis; galago; bush baby

霊長目ロリス科。ギャラゴとも書く。また,セネガルガラゴショウガラゴオナガドウケザルブッシュベビーなどともいう。体長 20cm,尾長 15cm内外。体は銀灰色のふさふさした毛におおわれ,眼および耳が大きい。指は長く,扁爪 (ひらづめ) をもち,物にしっかりとつかまることができるようになっている。夜行性で,昼間は樹洞などで眠り,夜間に昆虫類,小鳥などの小動物を捕食し,また果実や樹脂なども食べる。「ちーちー」と聞える高い声で鳴く。アフリカ中南部の熱帯雨林および森林サバナにすむ。なお,ガラゴ亜科 Galaginaeにはオオガラゴ G.crassicaudatus,コビトガラゴ G.demidoffをはじめとする多くの亜種が知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガラゴ【galago】

霊長目ロリス科ガラゴ亜科galaginaeに属する夜行性の原猿類の総称。オオガラゴGalago crassicaudatus,ショウガラゴG.senegalensis(イラスト)など6種が知られている。サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に広く分布している。歯式や後肢の第2指にかぎづめをもつなどの原始的特徴を残す。頭部はまるく,眼と耳が大きい。前肢が短いのに対して,後肢は長く,跳躍力が優れている。頭胴長は,ショウガラゴが15~20cm,オオガラゴが30~35cm程度,尾はそれよりやや長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガラゴ【galago】

霊長目ロリス科ガラゴ亜科のオオガラゴ・コビトガラゴなど六種類の哺乳類の総称。多くは体重200グラム 程度と小形で、非常に大きな目をもち、樹間をすばやく跳躍する。アフリカに分布。ブッシュ-ベビー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラゴ
がらご
galago

哺乳(ほにゅう)綱霊長目ロリス科ガラゴ亜科に属する動物の総称。別名ギャラゴまたはブッシュベービー。この亜科の原猿は1属6種に分類されるが、ハリヅメガラゴGalago elegantulusを別属Euoticusにする見解もある。サハラ砂漠以南のアフリカの大部分(南部を除く)に分布し、多雨林地帯を中心に生息する種(アレンガラゴG. alleniなど)と、疎開林地帯にすむ種(オオガラゴG. crassicaudatusなど)がある。目と耳介が大きく、尾はふさふさとして長い。最小のコビトガラゴG. demidoviiで頭胴長約12センチメートル、尾長約17センチメートル、最大のオオガラゴは頭胴長30~37センチメートル、尾長40~47センチメートル。前肢より後肢が長く、後肢第2指に鉤(かぎ)づめが、ほかの指には平づめがある。夜行性で跳躍力が優れ、樹間を活発に飛び回る。歯式は

で36本。雑食性で、昆虫、果実、樹脂などを食べ、通常は単独行動をするが、雄は雌の行動域を覆うように動く。昼間は木の葉などでつくった巣や、木のうろの中で眠るが、一つ穴に2~6頭がいっしょになる習性をもつもの(ショウガラゴG. senegalensisなど)もある。[上原重男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガラゴの関連キーワードジョザニチュワカ湾国立公園ネズミキツネザルブッシュベービーブッシュ島田ゆかサル樹間

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android