コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス転移 がらすてんい

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐てんい【ガラス転移】

溶融状態にある物質を急激に冷却したとき、流動性のないガラス状の固体になること。結晶化する十分な時間がないため、非晶質のまま固化する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガラス転移の言及

【ガラス状態】より

…この状態からさらに冷却すると,ある温度の近くで,ふつうの熱活性化過程から考えられるよりも急激に粘性が大きくなって,固体状態になるとともに熱膨張率や比熱などが,ほぼ不連続に変化する。この変化をガラス転移glass transitionと呼び,この温度以下の状態がガラス状態で,非晶質状態の一種である。ガラス転移は純粋な熱力学的な相転移ではなく,ガラス転移温度は急冷速度に多少依存する。…

※「ガラス転移」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガラス転移の関連キーワードフォックス‐フローリーモデル等自由体積状態の仮説耐熱性プラスチック形状記憶高分子等粘性状態仮説プラスチック高分子物理学WLFの式非晶質金属ガラス状態合成ゴム繊維ゴム