ガンメルスタードの教会街(読み)ガンメルスタードノキョウカイガイ

デジタル大辞泉の解説

ガンメルスタード‐の‐きょうかいがい〔‐ケウクワイガイ〕【ガンメルスタードの教会街】

Church Village of Gammelstad》スウェーデン北東部の町ルーレオ近郊にある教会村。15世紀に聖堂が建てられ、その周辺に遠方から来る信者のための宿泊施設が多数つくられて町となった。1996年、世界遺産(文化遺産)に登録された。ガンメルスタードの教会村。ガンメルスタードの聖堂村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ガンメルスタードのきょうかいがい【ガンメルスタードの教会街】

1996年に登録され、2014年に名称変更したスウェーデンの世界遺産(文化遺産)。スウェーデンのボスニア湾最北西岸にある都市ルーレオー近郊に位置する街。ガンメルスタードは、ルーレ川の河口から約10km上流にあり、15世紀初頭に建造された石造の聖堂を中心に放射状に伸びる道沿いに、424軒の平屋の木造家屋が並ぶ街並みを形成している。シュルクスタードと呼ばれるこれらの家屋は、週末や宗教上の祭事にのみ用いられた住居で、遠隔地の礼拝者専用の宿泊施設として使われた。現在も同様に利用されており、当時の聖堂や木造家屋などの伝統的な建築物がよく保存されている優れた例証として評価され、世界遺産に登録された。2014年には、教会村(Church Village)から教会街(Church Town)に名称が変更された。◇英名はChurch Town of Gammelstad, Luleå

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android