コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キオス島(読み)キオストウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キオス島
きおすとう
Khos

ギリシア東部、エーゲ海上にある島。キオス海峡を隔ててトルコのカラブルン半島と相対する。トルコ名サクズSakiz、イタリア名シオScio。プサラPsar島など付近の小島をあわせてキオス県を構成する。キオス県は面積904平方キロメートル、人口5万3100(2003推計)。島は面積841.6平方キロメートル。気候は温暖で果樹栽培が盛んである。マスチック(芳香性植物樹脂。乳香。乳香酒をつくる)は、この島の特産物として知られる。火山性の島でしばしば地震があり、とりわけ1881年の大地震の被害は大きかった。温泉も多い。また、アンチモン、大理石を産出する。なお、世界的に活躍する船主のなかにはキオス島出身の者が多い。島の東岸には県都キオスがあり、人口2万1500(2003推計)。港湾があり、ぶどう酒や果実を積み出しする。ジェノバ人の要塞(ようさい)跡がある。[真下とも子]

歴史

初期青銅器時代やミケーネ時代の遺跡が発掘されているキオス島は、古代ギリシアの歴史家トゥキディデスによりギリシアでもっとも富裕な国と評されている。良港と沃地(よくち)に恵まれたためか、イオニア諸都市のなかでも有力ポリス(都市国家)として古くから繁栄した。加えてこの島は、ホメロスの故郷とも語り伝えられており、文学史上でも重要な島であった。経済的には、農業のほかに商工業も発展し、奴隷使用も盛んであった。キオスのぶどう酒はギリシア世界に広く輸出され、ぶどう酒生産にまつわる島の支配者オイノピオンの伝説の地としても知られていた。政治的には、早くから民主的な国制が発達したらしく、紀元前6世紀前半と推定される碑文には、民意をかなり重視したと思われる制度が記されている。前6世紀中ごろキロス王によりペルシアに合併されたが、のちイオニアの反乱に参加、ペルシアの支配に反抗した。ペルシア戦争後、デロス同盟に加入したが例外的に自治を享受していた。前413年アテネより離反したが、前4世紀にはアテネと友好を保っていた。ヘレニズム時代もほぼ独立国として存続、親ローマ的政策をとり、スラのとき自由市となった。ビザンティン帝国、ベネチア、ジェノバなどの支配を経て、1566年よりオスマン帝国領。1821年のギリシア独立革命に加わったため、翌22年トルコ政府による大量虐殺を受けた。これに取材したドラクロワの名画『キオス島の虐殺』(1824)はよく知られる。1912年よりギリシア領。[真下英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android