コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシュファルディ キシュファルディKisfaludy Károly

2件 の用語解説(キシュファルディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシュファルディ
キシュファルディ
Kisfaludy Károly

[生]1788.2.5. テト
[没]1830.11.21. ペスト
ハンガリーの劇作家,小説家。貴族の家に生れ,父親の願いで軍人となったが,画家を志して軍隊を去ったため勘当され,ヨーロッパ諸国を放浪。 1817年帰国してのち劇作家として成功。史劇『ハンガリーのタタール人』A Tatárok Magyarországon (1811上演,19刊) は当時の民族主義的な風潮のなかで好評を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キシュファルディ
きしゅふぁるでぃ
Kisfaludy Kroly
(1788―1830)

ハンガリーの劇作家。初め絵画を学んだが、史劇『ハンガリーのタタール人』(1819)、喜劇『求婚者たち』(1819)の成功により劇作に専念する。人物の特徴をつかんだ会話の巧みさと素朴な民族主義が、当時の国民感情によく受け入れられた。彼の主宰した文芸年鑑『アウロラ』(1822~37)は文学活動の推進力となり、没後、10人の友人により創設されたキシュファルディ協会(1836~1952)は19世紀ハンガリー文壇に貢献した。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキシュファルディの言及

【ハンガリー】より

… 改革期(1825‐45)は,批評家ケルチェイKölcsey Ferenc(1790‐1838)の言葉〈祖国と人間性〉に代表されるような国民文学の最盛期である。キシュファルディ協会をつくった劇作家キシュファルディKisfaludy Kárloy(1788‐1830),詩人で劇作家のベレシュマルティ,劇作家のカトナらがこの時代の代表的な作家であった。その頂点に〈自由と愛の詩人〉と自ら称したペテーフィがいた。…

※「キシュファルディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

キシュファルディの関連キーワード民衆を導く自由の女神サリエリ朋誠堂喜三二上杉斉定歌川豊広中川忠英カルリスタ戦争ブルボン朝シャルル赤と黒

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone