コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタタキ キタタキ Dryocopus javensis; white-bellied woodpecker

3件 の用語解説(キタタキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタタキ
キタタキ
Dryocopus javensis; white-bellied woodpecker

キツツキ目キツツキ科。日本では絶滅。全長 50cmの大型のキツツキ。雌は胸腹部と背の下半分が白く,ほかの部分は黒色。雄も雌に似るが,頭上が鮮赤色で下嘴基部から頬にかけて鮮赤色の斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キタタキ

キツツキ科の鳥。翼長25cm。黒色で,胸,腹,腰は白く,雄の頭とほおが赤い。朝鮮半島東南アジアインドに分布。日本では対馬の原生林にのみ生息していたが,絶滅した。
→関連項目キツツキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタタキ
きたたき / 木啄
white-bellied black woodpecker
[学]Dryocopus javensis

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。全長約45センチメートルの大形種で、頭上と下顔部が鮮赤色で、体色は黒く、胸腹部は白い。巨木林などにすみ、おもに昆虫を食べる。インド西部から中国南西部、フィリピンボルネオ島ジャワ島にかけての東南アジア一円に分布するが、そこから遠く離れて朝鮮半島南部と日本の対馬(つしま)にも生息することで著名である。しかし、対馬では1920年(大正9)以後記録がなく、絶滅したものと考えられている。朝鮮半島にはまだわずかに生き残っていると思われる。どちらもこの減少は、大木のある森林がどんどん伐採されてすみ場所がなくなったためである。1923年に国の天然記念物に指定されたが、1972年(昭和47)指定解除となった。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キタタキの関連キーワード緑啄木鳥蟻吸啄木鳥熊啄木鳥野口啄木鳥小啄木鳥アリスイ(蟻吸)キツツキ(啄木鳥)キリハシ(錐嘴)ハシジロキツツキ(嘴白啄木鳥)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone