コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キップリング Kipling, (Joseph) Rudyard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キップリング
Kipling, (Joseph) Rudyard

[生]1865.12.30. ボンベイ
[没]1936.1.18. ロンドン
イギリスの小説家,詩人。インドで生れイギリス本土で教育を受けたあと,インドに戻り,ジャーナリズムに身を投じ,インド,海洋,ジャングル,軍隊などを題材とする短編小説によって名をあげた。初期の『高原平話』 Plain Tales from the Hills (1888) はその一つ。 1889年本国に帰る。狼に育てられ,種々の野獣と交わりながらジャングルの掟を学ぶ少年モーグリの物語『ジャングル・ブック』 The Jungle Book (94) や,ラマ僧に従って放浪するうち軍隊に拾われ,密偵となって活躍する少年の物語『キム』 Kim (1901) などは,少年読物として世界的に名を知られている。兵士や水夫の生活を歌った彼の詩作は,当時きわめて人気があり,92年出版の『兵営の歌』 Barrack-Room Balladsの売行きは,かつてのバイロンをもしのぐといわれ,同年の桂冠詩人テニソン死去の際も,大衆の声は一致して後任にキップリングを推したといわれる。その後も多くの物語を書いて人気を維持したが,それを支えるものは,インドの風物の異国情緒と当時の帝国主義的な思潮であった。そして彼が第1次世界大戦以後忘れられるようになったのも,また時代思潮の変化によるものといえよう。 1907年ノーベル文学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キップリング

英国の小説家,詩人。インドに生まれたが6歳で帰英。青年期にジャーナリストとしてインドで活躍後,各国を旅行,在インドの軍隊や土地の物語,密林や海洋を題材とした勇壮な小説や詩を発表,《兵営バラッド》や《ジャングル・ブック》,《キム》(1901年)などで人気を博した。
→関連項目パイク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キップリング【Rudyard Kipling】

1865‐1936
イギリスの小説家,詩人。インドのボンベイに生まれ,インド人乳母に育てられた。6歳で帰英し教育をうけたが大学へは進まず,1882年渡印してジャーナリズムに入った。88年,愉快な3人の兵卒が活躍する《三兵士》,在印イギリス軍人や文官の生活,土地の怪談,迷信,アヘン窟などに題材をとった《高原平話》の2冊の短編集を出し,これらが彼の出世作となった。92年アメリカ婦人と結婚し,一時アメリカに移り住んだが,その間,インド在住軍人の生活を歌い上げ一世を風靡した詩集《兵営の歌》(1892),狼に育てられた少年マウグリの物語で日本でも有名な《ジャングル・ブック》(1894),《続ジャングルブック》(1895)を出版しますます文名を高めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キップリング【Rudyard Kipling】

1865~1936) イギリスの詩人・小説家。植民地インドのムンバイ(ボンベイ)生まれ。当時の帝国主義の風潮と異国趣味に応え、インドを背景にした小説を数多く書いた。詩「七つの海」、小説「ジャングル-ブック」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キップリング
きっぷりんぐ
Joseph Rudyard Kipling
(1865―1936)

イギリスの小説家、詩人。インドのボンベイ(現、ムンバイ)生まれ。イギリス本国で教育を受け、1882年以降インドで新聞記者として活動、かたわら詩集や、『高原平話』(1888)などインド在住のイギリス人を扱った7冊の短編集を出版した。日本、中国、アメリカ、アフリカなどに旅行し、1889年イギリスに落ち着いた。インド駐屯の愛国的イギリス兵を兵隊ことばで歌った詩集『兵営の歌』(1892)、オオカミに育てられる少年や動物を主人公にした児童文学『ジャングル・ブック』(1集・1894、2集・1895)、ラマ僧とインドを旅する少年探偵を描いた小説『キム』(1901)などを発表し好評を博した。いずれも当時の大英帝国の政策にマッチした作品であるが、異国的な、たくましい行動の世界を平易な文体で描いて、内面分析にはまり込んだ大陸文学に新風を吹き込んだ。1907年ノーベル文学賞受賞。[安達美代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキップリングの言及

【児童文学】より

…少年小説もまたT.ヒューズの《トム・ブラウンの学校生活》(1857),R.バランタインの《サンゴ島》(1857),ウィーダOuidaの《フランダースの犬》(1872),シューエルA.Sewellの《黒馬物語》(1877)のあとをうけて,R.L.スティーブンソンの《宝島》(1883)で完成した。架空世界を取り扱った物語は,J.インジェローの《妖精モプサ》(1869),G.マクドナルドの《北風のうしろの国》(1871),R.キップリングの《ジャングル・ブック》(1894),E.ネズビットの《砂の妖精》(1902),K.グレアムの《たのしい川べ》(1908),J.M.バリーの《ピーター・パンとウェンディ(ピーター・パン)》(1911),W.デ・ラ・メアの《3びきのサル王子たち》(1910)にうけつがれ,ファージョンE.Farjeon《リンゴ畑のマーティン・ピピン》(1921)は空想と現実の美しい織物を織り上げた。さらにA.A.ミルンの《クマのプーさん》(1926)が新領域をひらき,J.R.R.トールキンの《ホビットの冒険》(1937),《指輪物語》(1954‐55)は妖精物語を大成する。…

【ジャングル・ブック】より

…イギリスの詩人R.キップリングの物語集。1894年出版。…

※「キップリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キップリングの関連キーワードアダムズ(Richard Adams)ジャングルブック・少年モーグリラディヤードキップリングマクミラン(出版社)ナム・ジュン・パイクハイネマン(出版社)ニルスのふしぎな旅守れ!ジャングルマクミラン出版社タロー(兄弟)チュコフスキーサイホウチョウ12月30日黒田 湖山我は海の子キプリング異国趣味人種主義冒険小説ヘンリー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キップリングの関連情報