コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノマゴ科 キツネノマゴかAcanthaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノマゴ科
キツネノマゴか
Acanthaceae

双子葉植物シソ目の1科。熱帯地方を中心に 250属 2500種ほどがある大きな科である。分布の中心は熱帯アジア,ブラジル,中央アメリカ,熱帯アフリカおよび地中海周辺のやや乾燥した暖温帯で,日本などの東アジア,アメリカ合衆国オーストラリアなどにも知られる。木本は少く,大半は多年草でときに低木状,生育地は熱帯雨林中の沼沢地から乾燥地まで幅広く,つる植物も含まれる。葉は対生し単葉であるが切込むものも多い。花茎は通常直立し,総状や穂状の花序 (→総状花序 , 穂状花序 ) をつけ,花は包に抱かれる。この包はときに大型化し,豊かな色彩で目立つものも多い。観賞用に栽培されるものが多く (ベロペロネなど) ,また,代表属のアカンサス Acanthus (ハアザミなど) はギリシア建築の柱飾りのモチーフとして有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノマゴ科
きつねのまごか
[学]Acanthaceae

双子葉植物、合弁花類。草本、低木、つる性のものもある。葉は対生、一般に鍾乳(しょうにゅう)体を有する。花は両性で左右相称。花冠は等しく5裂するか二唇形または一唇形。雄しべは4本または2本で花筒につく。子房は上位で2室。ゴマノハグサ科に近いが、一般に種子が無胚乳(はいにゅう)で、鉤(かぎ)状のつめにつく点で区別される。世界の熱帯と地中海地域を中心に約250属2500種を有する。日本にはキツネノマゴ、ハグロソウなど5属10種が分布する。[寺尾 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キツネノマゴ科の関連キーワードスズムシソウ(キツネノマゴ科)キツネノマゴ(狐の孫)スズムシソウ(鈴虫草)ハグロソウ(葉黒草)ストロビランセスacanthusリュウキュウアイハイポエステスクロッサンドラアフェランドラヒロハサギゴケフィットニアジャコビニアクロサンドラツンベルギアアリモリソウキツネノマゴコエビソウオギノツメサンゴバナ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android