コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノマゴ科 キツネノマゴかAcanthaceae

2件 の用語解説(キツネノマゴ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノマゴ科
キツネノマゴか
Acanthaceae

双子葉植物シソ目の1科。熱帯地方を中心に 250属 2500種ほどがある大きな科である。分布の中心は熱帯アジアブラジル中央アメリカ,熱帯アフリカおよび地中海周辺のやや乾燥した暖温帯で,日本などの東アジアアメリカ合衆国オーストラリアなどにも知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノマゴ科
きつねのまごか
[学]Acanthaceae

双子葉植物、合弁花類。草本、低木、つる性のものもある。葉は対生、一般に鍾乳(しょうにゅう)体を有する。花は両性で左右相称。花冠は等しく5裂するか二唇形または一唇形。雄しべは4本または2本で花筒につく。子房は上位で2室。ゴマノハグサ科に近いが、一般に種子が無胚乳(はいにゅう)で、鉤(かぎ)状のつめにつく点で区別される。世界の熱帯と地中海地域を中心に約250属2500種を有する。日本にはキツネノマゴ、ハグロソウなど5属10種が分布する。[寺尾 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キツネノマゴ科の関連情報