コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノボリトカゲ Japalura polygonata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノボリトカゲ
Japalura polygonata

トカゲ目キノボリトカゲ科。全長約 25cmで,尾が全長のほぼ3分の2を占める。環境によって体色を変えることができ,緑色から暗褐色まで変化する。おもに木の上にすみ,幹を螺旋状に走る性質がある。本種は南西諸島に固有のトカゲであるが,キノボリトカゲ科 Agamidaeは東南アジアに種類が多くみられ,樹間を移動するため飛翼の発達したトビトカゲのようなものも生み出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キノボリトカゲ

キノボリトカゲ科(アガマ科)の爬虫類。別名リュウキュウキノボリトカゲ。体長10〜20cmほど。琉球諸島,台湾に分布。四肢が細長く,背中に鋸状の鱗をもつ。その名のとおり,主に樹上で生活するが,地上にも降りる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノボリトカゲ
きのぼりとかげ
[学]Japalura polygonata

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目アガマ科のトカゲ。この科のトカゲとしては日本に産する唯一種。奄美(あまみ)、沖縄両諸島に分布し、先島諸島(さきしましょとう)にはやや小形の亜種サキシマキノボリトカゲJ. p. ishigakiensisが分布する。全長20~24センチメートル、尾はその3分の2を占め細長い。頭部は大きくて角張り、胴はやや側扁(そくへん)する。四肢は細いが発達し、各指も細長い。全身が細鱗に覆われ後頭部には小さな飾り鱗(うろこ)が並び、雄ののどにはあまり顕著でない黄白色の飾り袋がある。平地から山地の森林や集落の防風林にすみ、頭を下にして幹に止まる姿をよくみかける。餌(えさ)は昆虫やクモ類である。黄緑色から緑褐色に変色するが、先島産の雄は褐色で体側に白帯が走る。キノボリトカゲ属にはほかに約15種が知られ、アジア南部に分布する。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キノボリトカゲの関連キーワードオーストラリア亜区イロガワリトカゲレインボーアガマアゴヒゲトカゲエリマキトカゲトゲオアガマホカケトカゲトゲトカゲ手取竜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キノボリトカゲの関連情報